太陽系

火星ってどんな星?特徴や水の存在、テラフォーミング、神話も紹介!





(※1.火星)

太陽を中心として、地球の外側をまわっている惑星が、火星です。夜空に赤く輝くこの星は、古い時代から人々に親しまれて、様々な観測(かんそく)が行われてきました。最近では無人の探査機(たんさき)が火星で活動(かつどう)し、岩がゴロゴロした火星表面(ひょうめん)の驚くほど綺麗な写真が送られてきています。人類(じんるい)が火星に行ける日も遠くなさそうですが、火星は太陽からとても離れているので、非常に寒く、酸素(さんそ)もほとんどないといわれています。いったい火星というのは、どんな星なのでしょうか。





火星の特徴

 

火星に空気はあるの?

(※2.火星の低軌道写真の中の地平線で見えるの薄い大気)

火星の空気は地球に比べて非常に薄く、また酸素(さんそ)もほとんどなくて、大気(たいき)の95%は二酸化炭素(にさんかたんそ)です。もし宇宙服(うちゅうふく)なしで火星に降りたら、すぐに息苦しくなり、意識を失って数分で死んでしまうでしょう。

 

 

今から何億年も前は、火星にも豊かな水をたたえた海があり、植物が成長(せいちょう)できる濃い大気(たいき)があったと考えられています。しかし、長い時間をかけて、火星の水と空気は宇宙空間(うちゅうくうかん)に逃げていってしまいました。地球には磁場(じば)がありますが、火星にはそれがないため、強烈な太陽風(たいようふう)をさえぎることが出来ずに、大気(たいき)がはじき飛ばされてしまったのでは、との説が有力(ゆうりょく)です。

 

火星に水はあるの?

(※3.塩水のような液体が流れ出たとみられる跡)

火星の気温(きおん)はかなり低く、平均気温(へいきんきおん)はマイナス53度です。地球では南極(なんきょく)の平均気温(へいきんきおん)がそれくらいなので、どれくらい寒いか分かりますね。夏の暑い時には20度を超えるところもありますが、もっとも寒いときにはマイナス130度にまで下がります。こんなに寒いので、わずかに残っている水分はすべて凍ってしまいます。しかし、最近(さいきん)の無人探査機(むじんたんさき)の観測では、地面の下にたくさんの水があることがわかってきました。また、探査機(たんさき)が撮影(さつえい)した写真をみると、川が流れたあとのような地形や、水の流れで浸食(しんしょく)された岩肌(いわはだ)が観測(かんそく)でき、数億年前にはゆたかな川や海があったことがわかります。火星の海は、地球の大西洋(たいせいよう)ほどの広さで、1600メートルもの深さがあったといわれています。その時代の火星にタイムマシンで行けたなら、青い空の下に青い海が広がり、もしかしたら原始的(げんしてき)な植物がみられたかもしれませんね。

 

火星に住めるの?

(※4.有人火星探査の想像図)

酸素(さんそ)がなくて水もなく、そしてとてつもなく寒い火星に住むことは、到底できなさそうです。しかし、火星に住む計画は着々と進められており、人類(じんるい)が火星におり立つ日はそう遠くないかもしれません。

 

火星のテラ・フォーミング計画

 

テラ・フォーミングという言葉をきいたことはありますか?テラは地球、フォーミングは形成(けいせい)すると言う意味で、テラ・フォーミングとは火星を地球のようにする計画(けいかく)です。火星の軌道上(きどうじょう)に巨大(きょだい)なミラーをおいて、太陽熱(たいようねつ)で火星の氷をとかして、気温(きおん)を上昇(じょうしょう)させるなど、いろいろな方法が考えられています。テラ・フォーミングで地球と同じような環境(かんきょう)にするためには、何百年もかかりますが、それでも火星に移住(いじゅう)する計画(けいかく)が真剣(しんけん)に検討(けんとう)されているのです。

 

火星に行けるの?

 

現在の技術(ぎじゅつ)では、火星に行くために必要なものを打ち上げるのに、巨大(きょだい)なロケットが必要で、たいへんな費用(ひよう)がかかります。また、火星からもどってくるためには、火星上で帰還(きかん)用のロケットを組立てなければならず、現在の技術(ぎじゅつ)ではちょっと難しいところがあります。行くことはできても、帰ってくることが大変なのです。しかし、いま研究(けんきゅう)が進んでいる宇宙エレベーターが実現(じつげん)すれば、巨大なロケットがいらなくなり、今よりもっと簡単で安全に、宇宙に行くことができるようになります。そうすれば、おおぜいの人が火星に行ったり来たりすることが可能(かのう)になるでしょう。

 

火星のデータ

火 星 地 球
太陽からの距離(きょり) 2億2790万キロメートル 1億4960万キロメートル
直径(ちょっけい) 6779キロメートル 1万2742キロメートル
1年のながさ 687日 365日
1日の時間(じかん) 1日と40分 23時間56分
重力(じゅうりょく) 地球の約1/3 1G
へいきん気温 マイナス53度 15度
さいてい気温 マイナス133度 マイナス71度
最高気温 27度 59度
大気(たいき)の成分(せいぶん) 二酸化炭素(にさんかたんそ):95% 窒素(ちっそ):78%
窒素(ちっそ):2.7% 酸素(さんそ):21%
アルゴン:1.6% 二酸化炭素(にさんかたんそ):0.035%
酸素(さんそ):0.1% アルゴン:0.9%

 

 

火星を観測(かんそく)してみよう

(※5.天球上の火星の動き)

火星は太陽の回りを687日かけて1周しています。これを公転周期(こうてんしゅうき)といいます。地球の公転周期(こうてんしゅうき)は365日なので、火星の1年は地球の約2倍ということができますね。そして、火星の公転軌道(こうてんきどう)はやや楕円(だえん)になっています。このため、地球と火星は近づいたり遠ざかったりし、やく2年2か月ごとに最接近(さいせっきん)します。2016年の5月はかなり接近(せっきん)し、7528万キロメートルまで近づきました。次は2018年7月で、このときは5600万キロメートルまで接近(せっきん)します。接近(せっきん)した火星は、赤く明るいかがやきになるので、見つけやすくなります。最近(さいきん)は、スマートフォンのアプリで星の位置がわかるものがありますから、それを使ってみるとすぐに見つけることができるでしょう。

 

火星にまつわる神話

(※6.サンドロ・ボッティチェッリ作、ヴィーナスとマルス)

火星は英語(えいご)でマーズ(Mars)といいます。また、ギリシア神話(しんわ)でマルス(Mars)はたたかいの神をあらわしています。火星は血のように赤く光っているので、古代(こだい)の人はこれを、戦いの神としたのでしょう。ちなみに、夕方の西空や明け方の東でひときわあかるい金星(きんせい)は、ビーナスとよばれる愛(あい)と美(び)の女神(めがみ)で、マルスの恋人(こいびと)といわれています。

 

火星探査機(たんさき)はどんなものがあるの?

(※7.マリナー9号の打ち上げ)

1960年(いまから50年いじょうまえ)から、ソビエトやアメリカは火星にむけて探査機(たんさき)のロケットを打ち上げてきました。しかし、火星と地球は遠く離れているため、電波(でんぱ)が届くのに何分もかかってしまいます。地球から通信(つうしん)で操作(そうさ)することがうまくいかず、途中で行方がわからなくなったり、火星表面(ひょうめん)に激突(げきとつ)したりして、失敗(しっぱい)の連続(れんぞく)でした。

 

(※8.マリナー9号)

1971年(いまから45年まえ)になってやっと、アメリカがマリナー9号を火星の周回軌道(しゅうかいきどう)にのせ、火星表面(ひょうめん)の写真撮影(しゃしんさつえい)を行うことに成功(せいこう)しました。

 

(※9.マリナー9号から撮影されたマリネリス峡谷の西端にある夜の迷宮 )

 

1976年のバイキング1号が火星に着陸成功

(※10.ヴァイキング1号の着陸地点)

また1976年のバイキング1号では探査機(たんさき)を火星に着陸(ちゃくりく)させることに成功(せいこう)、火星表面(ひょうめん)の詳細(しょうさい)な写真を地球におくってきて、ひとびとをおどろかせました。その後20年間、なん回か失敗(しっぱい)はありましたが、アメリカが1997年に、ソジャーナーの着陸(ちゃくりく)に成功(せいこう)。

 

(※11.スピリットによって撮影されたコロンビア・ヒルズのパノラマ画像)

2003年にスピリット、2004年にオポチュニティの探査機(たんさき)をつづけておくりこみ、火星の観測(かんそく)が急速(きゅうそく)にすすみました。

 

2012年にはキュリオシティを使って観測開始

(※12.火星上のキュリオシティ)

2012年には自動車(じどうしゃ)とおなじくらいの大きさがある大型(おおがた)の着陸機(ちゃくりくき)キュリオシティを降下(こうか)させて、今も火星表面(ひょうめん)をうごき回って観測(かんそく)をつづけています。

 

(※13.キュリオシティが写したアイオリス山)

ヨーロッパはロシアと共同(きょうどう)のエクソマーズ計画(けいかく)で、2016年にスキアパレッリを火星におくりこみましたが、火星への着陸(ちゃくりく)中にトラブルが発生(はっせい)し、探査機(たんさき)は火星表面(ひょうめん)に激突(げきとつ)してしまいました。センサーがまだ空のたかいところで、地面が近づいたとまちがえて判断(はんだん)し、逆噴射(ぎゃくふんしゃ)がとまってしまったのではないかと考えられています。人がのって操縦(そうじゅう)していれば、うまく着陸(ちゃくりく)できたかもしれませんが、無人機(むじんき)は、コンピューターが自動(じどう)で操縦(そうじゅう)しなければならない難しさがあるのです。

 

※1〜13:写真の引用元はwikipedia/他写真についてはフリー素材(photo ACより)





キタノモリ

投稿者の記事一覧

経歴:航空宇宙関連の会社勤務
趣味:ウルトラランニング
気になる宇宙分野:宇宙探査機、火星探査、太陽系外の惑星

関連記事

  1. 太陽ってどんな恒星?太陽の誕生や内部構造やフレア、探査機なども紹…
  2. 火星のオリンポス山とはどんな山?太陽系の天体でもっとも高い山を解…
  3. 火星探査のこれまでの歴史と有人火星調査は現在どこまで進んだの?
  4. なぜ移住計画が火星なの?火星の歴史も含めてわかりやすく解説
  5. 火星がハビタブルゾーンに入る条件は?テラフォーミングは成功するの…
  6. 木星ってどんな星?特徴や大赤斑、探査機、ガリレオ衛星まで紹介!
  7. 地球ってどんな星?特徴や探査船ちきゅう、内部構造まで紹介!
  8. 火星が地球に15年ぶりの大接近!肉眼でも見える?



おすすめ記事

  1. 【ジュノー探査機】NASAの木星探査機の目的や大きさや形状は? ジュノー探査機 / wikipedia引用
  2. 火星の基地に必要なものは?NASAの酸素製造器「MOXIE」は成功するか?
  3. 月の土地が買える?権利書の効力は?
  4. ついに水の証拠!火星に湖の存在が確認されました
  5. 宇宙飛行士は訓練がとっても大変!トイレや健康事情も紹介
  6. 火星探査計画が追う、火星の生命の可能性
  7. ケネディ宇宙センターの誕生秘話や観光方法など【豆知識】
  8. 火星ってどんな星?特徴や水の存在、テラフォーミング、神話も紹介!
  9. 宇宙エレベーターはいつできる?構想の歴史や建設に向けての課題
  10. 惑星の周りを公転している衛星(えいせい)とは何?

おすすめ記事

地球を含めた「惑星」について詳しく知っていましたか? NASAってどんなところ?誕生した経緯や業績などを徹底紹介 月のクレーターについて徹底解剖します! ついに水の証拠!火星に湖の存在が確認されました プラネテスのテーマにもなった宇宙のゴミ「スペースデブリ」の脅威と対策 宇宙のはじまりは「ビッグバン」ってなに? 夢物語を真剣に考察!ワープ(超光速航法)についてのお話
PAGE TOP