宇宙雑学

昔は不吉な前兆とされていた、彗星についてのあれこれ





 

彗星というのは、地球からも肉眼でごくまれに見ることができる星です。彗星で特徴的なのが「尾っぽ」が付いていることです。もちろん、現在彗星の中で最も有名なのはやはり「ハレー彗星」でしょう。形態が近いので多くの人は「彗星って流れ星の事?」と思っている人もいるかもしれません。しかし、彗星と流れ星は厳密には違うのです。たとえば、流れ星というとロマンチックでよいものが見れた!と思うかもしれませんが、彗星というのは古来から不吉な星とされてきました。大彗星が見えるのは「天変地異」の前触れだなどとも言われていたようです。昔、彗星の正体がはっきりと分からなかった人々には、長い尾と夜空を移動して行く彗星の姿を、人の心を惑わす不思議な星と認識していたのかもしれません。今回はそんな流れ星との違いについてなども含めた、彗星について説明してみます。

 

関連記事:彗星の中でもっとも有名な、ハレー彗星の観測歴史と周期に迫る





彗星の成分を徹底解剖

 

彗星というのは、主として氷・塵などで構成されている、太陽系小天体の星です。太陽に近づき、大気の「コマ」、それから流れた「テイル」ができるのが特徴です。日本では、彗星の尾から連想して「ほうき星と」も言われることがあります。彗星の本体は「核」と呼ばれ、氷と塵でできています。核の一般的な直径は1-10kmほどで、小さいものでは数10mから、とても大きいものならなんと50キロメートルほどにも達するものがあります。質量は大きさにより違ってきますが、直径1kmほどの彗星では数十億トン、10kmほどの彗星では数兆トンとも言われています。また、彗星自らの重力によって球形になる質量が足りないので、核部分は不規則な形になっています。





彗星の「尾っぽ」の正体

 

彗星に尾ができるのは、「コマ」があるからです。彗星は太陽に近づくことによって凍りついていた核の表面が蒸発し、ここからガス・塵が発生して、大気となって核を覆います。これが「コマ」というものです。コマから放出された放射圧・太陽風によって尾ができます。尾は塵・金属でできている白っぽい「ダストテイル」、イオン化ガスでできている青っぽい「プラズマテイル」という種類があります。

 

彗星と流れ星の違いとは!?

 

あまり宇宙について詳しくない普通の人だと、彗星と流れ星は同じと思っている方が多いかもしれません。ただ、彗星と流れ星は厳密には違っています。彗星と流れ星は共に「尾っぽ」を引くのが特徴的ですが、彗星は太陽系小天体であり、流れ星は「宇宙の塵が発光してできる現象」のことをいいます。彗星というのは氷と微粒子が混じっているので、太陽に近づき氷が溶けることによってガスや微粒子が光って見えます。このとき尾っぽは太陽風に飛ばされているので進行方向とは関係なく太陽と反対に伸びるのが特徴です。これに対して流れ星は宇宙の塵が地球の大気に入り、その摩擦によって光が見えます。流星の尾っぽは、地球の高度100キロから光り、70キロあたりで燃え尽きるために、肉眼では一瞬だけ見えます。燃えながら地球に近づくので、流星の尾っぽは進行方向の後ろに伸びるのが特徴です。ほとんど同じなのかと思っていた彗星と流れ星には、このような違いがあったんですね。

 

彗星を見やすくする方法をご紹介します

 

流れ星と似ているようで異なる彗星ですが、昔は前述のように「不吉な前触れ」という説が信じられていました。しかし、現在ではあまりそんなことを感じる人はいないでしょう。では、なんとかして彗星を見る方法はないのでしょうか。彗星は、明け方か夕方が見つけやすくなっています。10倍の双眼鏡で見ると見やすくなり、彗星の「尾っぽ」も確認することができます。双眼鏡をを三脚で固定すれば手がぶれないので、もっとよく見ることができるでしょう。天体望遠鏡では、低倍率かつ視野が広い望遠鏡がよいでしょう。彗星の撮影ができる望遠鏡つきカメラ、自動撮影カメラもあるので、興味がある人は購入してみてはいかがでしょうか?

写真:wikipedia

 





nabex

投稿者の記事一覧

経歴:フリーライター

趣味:旅行

気になる宇宙分野:宇宙全般ですが、特に太陽系外の宇宙に興味があります。

関連記事

  1. 宇宙食 amazon 宇宙飛行士が食べる宇宙食は災害食にもなるの?
  2. 第9惑星発見のパンくず?通称「ゴブリン」について
  3. 宇宙食 プリン amazon 宇宙食の食べ方は?どうやって宇宙食を食べるの?【宇宙雑学】
  4. ケネディ宇宙センターの誕生秘話や観光方法など【豆知識】
  5. 隕石とは?日本の隕石伝説も紹介
  6. ALE Co., Ltd. 人工流れ星 公式から引用 人工流れ星はいつ見れるの?夢に満ちたプロジェクトの目的と宇宙ゴミ…
  7. 宇宙天気予報とは?太陽フレア・磁気嵐なども予想できる予報なの?
  8. 【地球外資源】宇宙資源の小惑星を利用できる?



おすすめ記事

  1. ルナ計画とはどんな計画?ロシアが世界に先駆け行った無人月探査 ルナ11・12号(E-6LF型)探査機 wikipedia
  2. 夢の宇宙旅行が現実に?気になるお値段は?宇宙ホテル「オーロラ・ステーション」
  3. 小惑星Ryugu(リュウグウ)とは?地球からの距離は?
  4. 隕石とは?日本の隕石伝説も紹介
  5. ついにインターステラテクノロジズがロケットの打ち上げに成功!これまでの小型ロケットの歴史 ロケット打ち上げ f
  6. 木星をテラフォーミングできる? ジュノー探査機 / wikipedia引用
  7. 月が大きく見えるときがあるのはなぜ?
  8. 民間人による宇宙旅行の値段は? ケープカナベラル空軍基地から打ち上げられる、TESSを搭載したファルコン9ロケット wikipedia
  9. 太陽のブランク状態を確認、地球はミニ氷河期になる!?
  10. NASAが深宇宙に生物を打ち上げる計画を発表! 地球 宇宙 f

おすすめ記事

人工衛星は肉眼で見える?肉眼での観察方法 金星ってどんな星?テラフォーミング、あかつき探査機やベネラの歴史も紹介! 火星にかつて巨大な海が存在した?最近の研究も紹介します UFO 未確認飛行物体 f UFO(未確認飛行物体)の目撃の歴史や正体は? プラネテスのテーマにもなった宇宙のゴミ「スペースデブリ」の脅威と対策 宇宙エレベーターはいつできる?構想の歴史や建設に向けての課題 火星探査計画が追う、火星の生命の可能性
PAGE TOP