火星

ついに水の証拠!火星に湖の存在が確認されました





火星

 

先日のニュースによると、欧州宇宙機関の火星探査機が火星の水の証拠を発見したそうです。

火星といえば、水の存在についてこれまでいろいろ言われてきたわけですが、

ついにその証拠が見つかったということですね!

今回はこの件について詳しく見ていきましょう。

 

ついに火星で水が発見

 

先日 、イタリア宇宙機関の研究チームが、

欧州宇宙機関ESAの火星探査機「マーズ・エクスプレス」によって、

火星の水の証拠を発見したという論文を、

7月25日に発売されたアメリカの科学誌「サイエンス」によって発表され、

これがニュースとなりました。

 

これによれば、火星の南極地域の氷床の下には、

幅約20キロという大きさの、

丸みを帯びている三角形のような形をした湖があるということが判明したそうです。

 

これまでは、火星の表面には断続的に水が流れていたとされる跡が発見されていましたが、

現実に火星の水の証拠を見つけたのは今回が初となります。

 

NASAの火星探査車である「キャリオシティー」が湖底を探索し、

過去の火星の表面には水が存在していたことが知られていました。

 

その後、火星の薄い大気によって地表の温度が下がって、

それらの水分は大部分が氷になりました。

 

科学者はこれまでも火星の水を調べていましたが、

決定的なものは発見されていませんでした。

そのため、今回の発見は非常に重要で価値があるものとされています。

 

この湖は、欧州宇宙機関のマーズ・エクスプレスが搭載しているレーダー装置が、

火星の地表またはそのすぐ下の地中を調べているときに発見しました。

 

レーダー装置「MARSIS」は、2012年5月〜15年12月まで、

火星の南極付近にある地域を調べ、地表・氷冠にレーダー波を照して、

その反射波を測定しました。

 

得られた29のレーダーサンプルにより、

表面下のおよそ1.6キロの場所に大きな変化がある信号があり、これを図像化しました。

発見された湖は、グリーンランドや地球の同様な南極の氷床の下にあるものと、

とても似ているとされています。

 

それほど大きな湖ではないかもしれませんが、

研究チームではこの湖は最低でも1mの深さがあるとしています。

 

まず調査が優先させるのは微生物

 

こうなると考えられるのはやはり、火星に生命がいる/いたかについてでしょう。

 

「水があるということはそこに生命が存在する」ということはよく言われていますよね。

 

しかし今のところは、今回の発見によっても、

火星の生命の存在についてははっきりと分かっていることはありません。

 

火星の表面は私たちが知る生命には適していないということは昔から知られています。

このため、火星での生命探しは地中に向かったのです。

 

火星の地中の場合、有害な宇宙船にも守られて、重力・温度という面でも、

生命が存在しやすい水準にまでなります。

重要なことは、生命に必要な水が存在していたということです。

 

地球外生命体ではやはり水の存在が重要となるようです。

 

しかしこの水の存在が示されたとしても、実際の命を突き止めたとは言えません。

 

ただ、今回の発見によって今後は火星のどの時点を調査すればいいのかがわかりました。

まるで宝の地図を持って探す宝探しのようですね。

 

火星の水の温度や含まれている物質も、生命の存在に大きな影響があります。

 

火星にある湖の水温はマイナス10度〜マイナス70度と推定とされていて、

このような状態ではその水に多くの塩分が含まれていると予測されます。

 

そのため、この水はとても冷たく濃い塩水と言う可能性が高く、

その場合は、生命にとってかなり過酷な場所ということになります。

 

このように、火星の水は生命にとっては理想的な場所ではないですが、

似たような場所で生きている地球の生命体もいます。

 

それは、極限環境下の微生物です。

微生物が存在していなければ当然高等生物もいない

でしょう。そのため火星でも、

高等生物の先にまずは微生物の調査が優先されるのではないでしょうか?

 

 

火星の水はものすごく冷たくてしょっぱい!?

 

火星に水の存在の証拠が見つかったというニュースについてでした。

火星の水の存在は以前から言われていたわけですが、決定的な証拠はなかったわけです。

 

それが今回、そのような証拠が見つかったということで、非常に大きなニュースとなりましたね。

 




nabex

投稿者の記事一覧

経歴:フリーライター

趣味:旅行

気になる宇宙分野:宇宙全般ですが、特に太陽系外の宇宙に興味があります。

関連記事

  1. 火星の地下に氷の層が発見されました!将来宇宙飛行士の飲み水に?
  2. 火星探査のこれまでの歴史と有人火星調査は現在どこまで進んだの?
  3. 火星ってどんな星?特徴や水の存在、テラフォーミング、神話も紹介!…
  4. 火星がハビタブルゾーンに入る条件は?テラフォーミングは成功するの…
  5. 火星にかつて巨大な海が存在した?最近の研究も紹介します
  6. 火星の表面温度は?大気はどうなっているの?
  7. 火星の夕焼けはなぜ青いの?火星の豆知識
  8. 火星の基地に必要なものは?NASAの酸素製造器「MOXIE」は成…



おすすめ記事

  1. 星磁気圏探査機「みお」の目的と詳細とは? 水星 wiki
  2. スペースXは何の会社?スペースX社創設の裏話もご紹介 スペースX
  3. オウムアムアとは何?歴史的な大発見!謎の葉巻型天体
  4. 火星探査計画が追う、火星の生命の可能性
  5. アメリカが宇宙軍を創立!?その狙いとは?
  6. 国際宇宙ステーションの肉眼で観測は可能なの? 宇宙ステーション wikipedia
  7. 航空自衛隊の「宇宙部隊」とは?宇宙監視部隊の役割は?
  8. 今年でなんと40周年目!の探査機「ボイジャー」の現在地や功績
  9. スペースXに就職はできる?インターンについても紹介 スペースX
  10. 宇宙葬とは?宇宙に散骨できる?費用はどれくらいかかるの? トーラスロケットによる打ち上げ(1998年2月10日) wikipedia

おすすめ記事

月のクレーターについて徹底解剖します! スペースコロニーって実現可能!?問題点などについて 惑星の周りを公転している衛星(えいせい)とは何? 海王星に地球サイズ並みの巨大な嵐が出現! 日本のJAXAが月に見つけた巨大な空洞とは? インサイト(想像図) wikipedia NASAの「インサイト」ってどんな探査機?火星の地震観測などのミッションを紹介 焙煎された珈琲 f 前代未聞の「宇宙コーヒー」を目指すスペース・ロースターズとは?宇宙焙煎に価値はある?
PAGE TOP