宇宙雑学

NASAが「ゴジラ座」という星座を新たに認定! ゴジラ座が爆煙した理由





映画「ゴジラ」(1954) ライヴ・シネマ形式全曲集 amazon

 

「ゴジラ」といえば日本が誇る特撮映画に登場する怪獣ですが、なんと、このたびこのゴジラがあのNASAによって星座に認定されたそうです!

今回はこの、nasaが認定した「ゴジラ座」について紹介します。

 

 

「ゴジラ」ってなに?おさらいしてみましょう

NASA wikipedia

NASA wikipedia

 

このたび、有名なアメリカ航空宇宙局のNASAがゴジラを星座に認定したというニュースがありました。「ゴジラ」とは、もちろん日本の特撮映画に出てくる怪獣ですね。第1作のゴジラは、1954年に公開されました。

 

それから65年。

 

 

今までに日本国内では合計29作品が作られ、第29作目の「シン・ゴジラ」でシリーズ累計観客動員数が1億人を突破、邦画の実写シリーズではもちろん歴代最高記録を達成しました。

 

 

ゴジラ・フェス2018 公式サイトから引用

ゴジラ・フェス2018 公式サイトから引用

 

また、2017年は映画以外にも初の誕生祭「ゴジラ・フェス2017」が人気をおさめ、2018年11月3日に「ゴジラ・フェス2018」が開催されました。

 

 

2018年11月9日にはアニメーション映画の三部作シリーズで最終章の「GODZILLA 星を喰う者」が公開。

 

 

ゴジラ人気は日本だけに留まらず、2019年ではハリウッド版の「ゴジラ:キング・オブ・ザ・モンスターズ」も公開する予定です。今年2019年で誕生65周年というゴジラは、これからも増々を私たちを楽しませてくれるでしょう。

 

 

nasaが「ゴジラ」を星座に!

フェルミガンマ線宇宙望遠鏡 wikipedia

フェルミガンマ線宇宙望遠鏡 wikipedia

 

今回ゴジラが星座が選ばれたのは、「フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡」搭載の観測衛星が打ち上げ10周年を迎えたことと、この観測衛星が肉眼で観察できる星の数と同じ3000以上の天体を見つけたことの記念として新しく作成された「ガンマ線天体を結んだ22星座」です。

 

デルタ IIロケットで2008年6月11日に打ち上げられた wikipedia

デルタ IIロケットで2008年6月11日に打ち上げられた wikipedia

 

フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡は2008年の7月に、宇宙分野研究者と素粒子実験研究者が手を組んで開発した「ガンマ線観測衛星」として打ち上げられています。ガンマ線というのは放射性元素から出ている電磁波のひとつで、この大部分は地球上の大気によって吸収されてしまうので、これまでの地上の観測は困難でした。

 

このため、科学衛星によっての観測で解明したいということになり、この観測衛星が打ち上げられることになりました。ガンマ線を放射している主な天体には、「パルサー」「超新星残骸」「活動銀河核」などがあるそうです。「フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡」搭載の観測衛星は日本・アメリカ・フランス・ドイツ・イタリア・スウェーデンの政府機関と研究組織の共同研究です。

 

この10年で打ち上げ前の10倍以上にもあたる3000以上の天体を発見していて、高エネルギー宇宙物理の世界に新しい知識を与えてくれる衛星として、貴重な成果をあげています。ちなみに、「オリオン座」や「カシオペヤ座」などの、普通に知られている星座を認定しているのは、基本的に別組織の「国際天文学連合(IAU)」です。

 

なんでゴジラが星座に?

 

ところで、「なぜゴジラが星座に?」という感じですよね。

 

ゴジラが星座に選ばれた理由は、チームが研究しているブラックホールなどの高エネルギー天体の周りで起きている、ガンマ線の粒子がジェットのように光を放つ現象の「ガンマ線バースト」が、ゴジラが口から放つあの「放射熱線」に似ているから、だそうです。

 

また、今回新しく発表された22の星座では、ゴジラのほかにもスタートレックシリーズの宇宙船「エンタープライズ号」や「超人ハルク」、「星の王子さま」等、宇宙・SFに関連したキャラクターも含まれています。

 

ゴジラが星座になったことはもちろん日本の怪獣では史上初ですが、今回日本からはゴジラのほかにも「富士山」も星座に認定されたそうです。

 

NASAのホームページにはこのようなことが記述されています。ゴジラは映画界の有名なモンスターの1つで、日本の大衆文化でも象徴的なシンボルになっている。このゴジラのトレードマークが「放射熱線」。

 

これはブラックホール・中性子星に関連している「ガンマ線バースト」と似ている。フェルミ・ガンマ宇宙望遠鏡のガンマ線観測は、毎日宇宙のどこかで発生している巨大バーストを記録しているが、この巨大バーストはゴジラも嫉妬させるだろう。

 

ということなんですね!

 

 

残念ながらゴジラ座は地上から見えません

星空 f

 

nasaが認定したという「ゴジラ座」についてでした。気になるのが、ゴジラ座は地上から見えるのか?というところですね。

しかし、残念ながら、上記のように地上から確認しにくいガンマ線を結んだ22星座のため、肉眼や望遠鏡でみることはできないとされています。

 




nabex

投稿者の記事一覧

経歴:フリーライター

趣味:旅行

気になる宇宙分野:宇宙全般ですが、特に太陽系外の宇宙に興味があります。

関連記事

  1. 宇宙天気予報とは?太陽フレア・磁気嵐なども予想できる予報なの?
  2. ブルーオリジン 着陸するニューシェパード3号機 / wikipedia Amazonやヴァージングループの創業者が、7月に相次いで自社ロ…
  3. ニュートリノワームホールとは何?NASAも公式に発表したXポイン…
  4. ロケットラボ ロゴ 公式から引用 ロケットラボが「エレクトロン」の打ち上げに成功!民間宇宙開発企業…
  5. 暗黒物質は存在するの?ダークマターと銀河団の構造と関わりの歴史
  6. 太陽帆の構想図 wikipedia 最新のソーラーセイル事情はどうなっているの?【2019年夏】
  7. スペースコロニーって実現可能!?問題点などについて
  8. 昔は不吉な前兆とされていた、彗星についてのあれこれ

おすすめ記事

超新星の壮大なスケールの爆発が凄い!超新星が爆発する仕組みと影響 太陽帆の構想図 wikipedia 最新のソーラーセイル事情はどうなっているの?【2019年夏】 ペンシルロケットとは?初めての実験史や国分寺など雑学を紹介 【2018年まとめ】スペースデブリの最新対策方法について 地球を含めた「惑星」について詳しく知っていましたか? M82 銀河 wiki モンスター銀河の種類について一覧にして紹介 冥王星の魅力とは?ついに明らかになった冥王星の姿



PAGE TOP