宇宙雑学

連星系「HR 6819」で見つかったブラックホールはこれまで一番地球に近い





ブラックホール wikipedia引用

ブラックホール wikipedia引用

 

このたび、これまでの探査中で地球に一番近いブラックホールが発見されたそうです。宇宙の謎の代表的存在であるブラックホール。最も近いもので地球からどれくらいの場所にあるんでしょうか。




新しく見つかったブラックホール

 

ブラックホールは非常に強い重力を持っていて、あらゆる物質や光さえ吸収するとされている謎の多い天体です。このサイトでも紹介しましたが、先日は世界で初めてブラックホールが撮影されたとして話題になりましたね。

 

ブラックホールといえば宇宙の謎の代表的存在なので、興味がつきませんが、今年2020年5月の学術誌「Astronomy & Astrophysics」に掲載された論文によると、太陽系から約1000光年という場所にある「ぼうえんきょう座」の「HR 6819」という連星で、ブラックホールが発見されたそうです。

 

太陽の約4倍という質量で2つの星と共に運動しており、現時点ではこれがこれまで発見された地球から最も近い場所に存在しているブラックホールになります。




知名度が低い「ぼうえんきょう座」ですが

 

地球の南半球では、冬の夜空には望遠鏡などを使わなくても、自分の目によって「ぼうえんきょう座」が見えます。「ぼうえんきょう座」という変わった名前の星座は、18世紀にフランスの天文学者ニコラ・ルイ・ド・ラカーユによって設定されました。

 

まるで望遠鏡のように見える「ぼうえんきょう座」のモチーフになったのは、18世紀主流だった非常に長い鏡筒の屈折望遠鏡です。この時代の望遠鏡は、精度が低いレンズを使っていたので、焦点の距離を延ばして色収差を低減していたのです。

 

この星座には青く輝く光が2つあり、これが「2連星系」のように見えますが、実はこの2つの星と、さらに1つのブラックホールから構成される「三連星系」だったことがわかったのです。この新しい発見は、銀河系にはブラックホールがほかにもたくさんあるかもしれないということを示唆しています。ちなみに、この「ぼうえんきょう座」、日本ではほとんどの地域で全域が見えませんが、石垣島や宮古島などの九州南部以南では全域を見ることができるということです。

 

 

研究者たちが非常に驚いた

 

実は、今回の発見は当初からブラックホールの調査だったのではなく、この奇妙な星について調査をしていただけだったのです。しかし、研究チームは恒星の1つの軌道が二重連星という仮定では成り立たないとして、恒星の軌道を再分析。結果、この恒星と共に周回しているブラックホールがあるという結論になりました。

 

このブラックホールは地球から約1000光年先にあり、これまで地球に最も近いブラックホールとして知られていたのは約3500光年にある「いっかくじゅう座X-1」なので、これよりもはるかに近いですね。さらに、X線・光などもない、「真っ暗なブラックホール」としてもまれな発見であり、望遠鏡を使わなくても見える「肉眼で確認できる恒星系で発見された初のブラックホール」でもあります。

 

論文の共同執筆者ペトル・ハドラバ氏はこの三重星系を、ブラックホールがある恒星が肉眼で見えたことは過去にないとし、観測した天文学者たちをとても驚かせたと説明しています。このブラックホールは、周りに広範囲な影響を及ぼしていないので、その存在が今まで知られることはありませんでした。

 

今後、今回の発見を皮切りとして、周りに与える影響が少ない「静的な」ブラックホールの発見も相次ぐかもしれないと研究者たちは考えているそうです。また、ブラックホールのまわりを恒星が周回していても、普通はその運動を見ることはできませんが、今回は地球から距離がとても近いため、運動を見ることができるかもしれないと期待されていて、ブラックホールの質量を詳しく知ることができる可能性もあるようです。

 

ブラックホール研究が深まるかも

 

1000光年というのは人間からすればすごい遠い距離ですが、それでも宇宙からすれば非常に近い距離になるんですね。南半球の冬には望遠鏡を使わなくても見える星の近くにあるというブラックホールが発見されたということで、興味深い話ですがちょっと怖い話でもありますね。今回の発見で、ブラックホールについての研究がまた進むかもしれません。

 




nabex

投稿者の記事一覧

経歴:フリーライター

趣味:旅行

気になる宇宙分野:宇宙全般ですが、特に太陽系外の宇宙に興味があります。

関連記事

  1. スターライナー wikipedia カプセル型宇宙船「スターライナー」がミッションに失敗。地球へ帰還…
  2. 磁気嵐とは?どんな影響があるの?太陽風で大規模な停電が起こる?
  3. ソユーズMS-10 wikipedia ロシアの「ソユーズ2-1b」の打ち上げ中に雷が!?落雷は大丈夫な…
  4. 宇宙 星雲 f 宇宙遠方にある水素ガスの「蜘蛛の巣」を日本の研究所らが観測!
  5. 宇宙太陽光発電とは何?壮大な夢の技術か馬鹿げた計画か?
  6. スピッツァー宇宙望遠鏡 wikipedia 「スピッツァー宇宙望遠鏡」が運用終了!16年間の成果を振り返る
  7. 宇宙犬 ライカ / wikipedia 地球軌道を初めて周回した犬の「ライカ」はどうやって宇宙に行ったの…
  8. 地球を含めた「惑星」について詳しく知っていましたか?

おすすめ記事

【2018年まとめ】スペースデブリの最新対策方法について 地球 宇宙 f NASAが深宇宙に生物を打ち上げる計画を発表! 惑星の周りを公転している衛星(えいせい)とは何? 国際宇宙ステーション wikipedia 今年2020年、国際宇宙ステーションが商業利用を開始! 宇宙エレベーターはいつできる?構想の歴史や建設に向けての課題 大気に土壌成分…火星移住はほとんど不可能? 小惑星探査機「はやぶさ2」 wikipedia 探査機の「はやぶさ2」が小惑星に弾丸を打ち込む?



PAGE TOP