スペースX

スペースXの有人宇宙船「クルードラゴン」が打ち上げ成功!ISSにも無事到着





スペースX / 引用元 公式サイト

スペースX / 引用元 公式サイト

 

最近の宇宙ニュースでもっとも注目を集めたのがやはりスペースXの有人宇宙船「クルードラゴン」が打ち上げに成功したというニュースでしょう!

 

2020年5月31日、クルードラゴンが打ち上げに成功、19時間後にはISS・国際宇宙ステーションにドッキング、ふたりの宇宙飛行士もISSに到着しました。やはり、今回はこのニュースについて紹介してみましょう。




有人宇宙船「クルードラゴン」が打ち上げ成功

 

アメリカの民間企業スペースXの有人宇宙船「クルードラゴン」が、日本時間5月31日、米・フロリダ州にあるケネディ宇宙センターで打ち上げられました。アメリカの宇宙船で宇宙飛行士をISSに運んだのは、スペースシャトル以来9年ぶりになるそうです。しかもこれを成功させたのが民間企業!

 

ということで、この日は民間の企業がいよいよ本格的に宇宙に進出する、その歴史的な1ページとして注目されました。このクルードラゴンがISS・国際宇宙ステーションに向かい、宇宙飛行士を同施設に到着させるというのが今回のミッションです。

 

これに成功すれば、「クルードラゴン」はいよいよ運用段階となり、1号機として前回紹介したように日本人の宇宙飛行士である野口聡一さんが搭乗し、2020年8月30日に打ち上げさせる準備をしています。この様子をトランプ大統領もケネディ宇宙センターで見守り、NASAやスペースXのスタッフにクルードラゴン打ち上げの成功を強調する演説をしています。




関係者のコメント

 

このクルードラゴンを開発し、打ち上げに成功したのがこのサイトでもたびたび紹介しているアメリカの民間企業スペースXです。この会社のCEOのイーロン・マスク氏も今回の打ち上げを見守り、成功してジャンプして喜んでいる様子がニュースでも流れました。

 

イーロン・マスク氏は、その後の記者会見で

 

「18年間、このために力を尽くした。このような打ち上げを繰り返し、日常的にしなくては」

 

「これが、人類を宇宙に進出させる第一歩になることを願う。別の惑星に大勢の人が旅するには大きな技術の進歩がいるが、この打ち上げで目標が現実的になった」と語りました。

 

また、NASAのブライデンスタイン長官は、

「月や火星の探査計画についても、民間企業が参加することでコストを下げられるだろう。

 

スペースXのような民間企業が、顧客を開拓することが月・火星に定住することの実現につながるだろう」と語りました。

 

スミソニアン航空宇宙博物館のマーガレット・ワイトキャンプ博士は、

 

「国が主導という今までの宇宙開発が、民間が主導していく方法に変わっていく歴史的な出来事。民間企業も宇宙開発に加わる経済的動機が高まるだろう。今後は民間人でも宇宙に行ける機会が増え、宇宙空間でも多くのアイデアが出てくるだろう。無重力状態での映画撮影も現実になるかもしれない」と語りました。

 

この後、試験が終わって本格的に運用されるクルードラゴン運用1号機に搭乗する宇宙飛行士の野口聡一さんも、打ち上げ成功を受け「すばらしい1日」とし、今後については「宇宙観光などの多くの利用方法が出てくるでしょう。航空機と同じように宇宙開発も発展していくのではないか。宇宙は一般人にも身近になるのでは」と語りました。

 

 

有人飛行の厳しい認証プロセス

 

今回のミッションの最も大きな目的は、この宇宙船が有人飛行ができるものであるということを実証することです。

 

「このミッションで有人飛行認証プロセスのほとんどが完了になります。この試験ミッションでシステムの能力をすべて出します」とスペースXは会見で語っています。NASAは衛星などの打ち上げに対して厳しい工学的審査が行っています。

 

この厳しい審査プロセスは数カ月になることもあるそうです。有人飛行では乗員の安全性にも焦点が当てられ、有人飛行認証プロセスでは当然ながらその要素も追加されます。NASAは記者会見で「今回は生命維持装置・宇宙服・表示システムなど、乗組員が国際宇宙ステーションに向かうまで安全に過ごせるか、多くのシステムを確認します」と語っています。

 

クルードラゴンは、国際宇宙ステーションに到着するまでの19時間のほとんどを自動操縦で飛行します。しかし、国際宇宙ステーションにドッキングする直前、船内の2人の宇宙飛行士が手動で操縦を行います。緊急事態時に予期していない問題が起きた場合、乗員が操縦できることを確認するということは、このミッションでも最重要目的のひとつです。

 

無事にISSに到着!

 

打ち上げから19時間後、「クルードラゴン」は無事に、ISS・国際宇宙ステーションに到着しました。2人の宇宙飛行士がISSに入り、施設内にいた宇宙飛行士に祝福された映像もニュースになりましたね。

 

宇宙船に搭乗したロバート・ベンケン氏はISSで「乗り心地は滑らかで空調も効いていて、素晴らしい時間が過ごせた」と、今回の宇宙飛行の感想を述べました。ダグラス・ハーレイ氏は「アメリカが宇宙船打ち上げを再び行うのは素晴らしい。この計画に加われて光栄だ」と話しました。

 

2人はこの後、1か月以上ISSに滞在する予定です。ベンケン氏は「ほかの飛行士たちの負担を減らし、多くの仕事に努めたい」と語ります。両名の帰還後に安全が確認されると、本格的なクルードラゴンの運用がスタートします。次回の打ち上げは8月末の予定で、初号機には日本人宇宙飛行士・野口聡一さんらが搭乗する予定です。

 

一般人が宇宙に行ける日も近い!?

宇宙飛行士 f

 

スペースXの有人宇宙船「クルードラゴン」が打ち上げに成功し、ISSに到着したニュースについてでした。ケネディ宇宙センター付近には見物人もいたようで、盛り上がっていました。民間の有人宇宙船が打ち上げ成功ということで、これは歴史的なことですね。野口さんも語っているように、これからは普通の人も宇宙がより身近になっていくかもしれません。




 

nabex

投稿者の記事一覧

経歴:フリーライター

趣味:旅行

気になる宇宙分野:宇宙全般ですが、特に太陽系外の宇宙に興味があります。

関連記事

  1. イーロンマスク スペースX 引用 【宇宙開発の3人のキーパーソンに注目】イーロン・マスク・ジェフ・…
  2. スペースX / 引用元 公式サイト スペースXに就職はできる?インターンについても紹介
  3. スペースX / 引用元 公式サイト スペースXで働いていた日本人がいた!?高橋有季さんのこれまで
  4. スターリンク 60基の衛星の打ち上げ(母機分離前)wikipedia スターリンクとは?スペースXが手がける人工衛星のインターネット高…
  5. テスラのロードスターが宇宙に打ち上げられた理由は?
  6. スペースXの最新ロケットが打ち上げ成功!その全貌に迫ります
  7. 宇宙ステーション wikipedia 宇宙ステーションの圧力が減少!?原因は?
  8. ソユーズMS-10 wikipedia ロシアのソユーズMS-10が打ち上げ失敗、今後の影響など

おすすめ記事

スペースXのロケットの打ち上げ費用は? M82 銀河 wiki スケールがとっても大きい!銀河についてのお話 日本発の大成果!地球の酸素が月まで届いていた! 地球ってどんな星?特徴や探査船ちきゅう、内部構造まで紹介! 海王星 / wikipediaより引用 海王星ってどんな星?構造や観測歴史、衛星まで紹介! アメリカ宇宙軍 wikipedia アメリカがついに宇宙統合軍を発足!そもそも統合軍ってなに? 月の石 wikipedia 月の石ってどんな石?成分の中に地球の岩石も含まれていた?常時展示されている場所まで紹介



PAGE TOP