宇宙雑学

Amazonやヴァージングループの創業者が、7月に相次いで自社ロケットで宇宙に





ブルーオリジン 着陸するニューシェパード3号機 / wikipedia

ブルーオリジン 着陸するニューシェパード3号機 / wikipedia

 

 

ネットショップ最大手「Amazon」の創業者といえばジェフ・ベゾス氏ですが、ベゾス氏は宇宙にとても興味があるらしく、「ブルーオリジン」というベンチャー企業まで設立しています。

 

そのべソス氏が、ブルーオリジンのロケット「ニューシェパード」で7月20日に宇宙へ行くと発表しました。また、時雄同じくしてという感じで、ヴァージン・グループ創業者のリチャード・ブランソン氏も7月に同社の有人宇宙船で大気圏上端に向かう予定だそうです。今回はこのニュースについてです。




宇宙旅行が子供のころからの夢

 

「Amazon」はもちろんネットショップの最大手サイトですね。自分もよく利用していますが、「Amazon」って、ほんと便利ですよねえ。そんなAmazonの創業者がジェフ・ベソス氏ですが、先日はベゾス氏がAmazonのCEOを退任するということがニュースになりましたね。

 

ベゾス氏といえば、宇宙開発のベンチャー企業「ブルーオリジン」を設立していることは以前も紹介しましたね。そして先日6月7日、ジェフ・ベゾス氏がこのブルーオリジンが製造したロケット「ニューシェパード」で、7月20日に宇宙へ行くと発表しました。

 

これはブルーオリジンで初の有人宇宙飛行となるそうです。ベゾス氏は子供のころから宇宙に行きたいと思っていたそうです。この打ち上げでは、再利用利用が可能なロケット・宇宙船が使用され、宇宙空間と地上の境界線とされる「カーマンライン」という高度100キロ近くで搭乗者は約3分間の無重力状態を体験。

 

 

その後に地上に戻るという予定で、打ち上げ〜着陸まで11分という宇宙飛行になるようです。ベソス氏を含めた6人の乗る宇宙船は、地球に降下して、3つのパラシュートによってテキサス州西部にある砂漠に着陸する予定です。ニュー・シェパードの制御はパイロットがいない完全自動制で、乗組員が進路を変更・調整することはできません。

 

搭乗者はシートベルトの着脱だけができて、宇宙船内部を動けば、窓から地球を眺められるようです。6席のなかの1席はオークション形式で売られており、現在入札額は日本円にして3億円以上になっています。もちろん、こんな大金を使おうという人なんで、ベゾス氏と同じように大金持ちなんでしょう(笑)

 




ヴァージン・グループのあの社長も

 

このニュースと同じように、ヴァージン・グループ創業者のリチャード・ブランソン氏も今年7月に自社の有人宇宙船「VSS Unity」に乗り込んで宇宙を目指す予定だそうです。ブルーオリジンのロケットでは有人飛行は今回が初ですが、ヴァージン・グループでは有人飛行を成功させています。

 

初の有人飛行で自身が乗り込むというのだから、ベゾス氏の意気込みはすごいですね。もちろん、無人飛行よりも有人飛行のほうが複雑な仕組みが必要になります。ヴァージン・グループでは有人飛行を成功させていますが、その前には事故によって死亡した人間もいます。

 

それでもあきらめず、今年5月にはついに「VSS Unity」で有人飛行を成功させました。6人乗りのVSS Unityは翼のついたスペースプレーンで、「ホワイトナイトツー」という専用のジェット機によって高度約15,240mまで運ばれます。ここで、VSS Unityが母機から離れてエンジン点火をし、1分で高度80,467mまで上昇、搭乗者は数分の無重力を体験します。

 

着陸はニューメキシコ州の離発着場になる予定で、離陸〜着陸まで約90分になるそうです。

 

 

国際宇宙ステーションまで行った大富豪もいる

国際宇宙ステーション wikipedia

国際宇宙ステーション wikipedia

 

ベゾス氏やブランソン氏の体験する宇宙旅行はこれが初めてではなく、これまでにも行った人がいます。国際宇宙ステーションまで行くという宇宙旅行を、2000万ドルという大金を自腹で払って行ったのはデニス・チトー氏という大富豪でした。

 

なぜ、こんな大金を払ってまで、と思うかもしれませんが、宇宙に行くことはチトー氏の夢だったんだそうです。その念願の宇宙旅行を体験したチトー氏は、「自分の人生は完成したので、あとはおまけのようなものだ」とコメントしているくらいです。なんともすごいセリフですね。

 

 

宇宙は最後のフロンティア

 

民間企業による、商業的宇宙旅行は、ブルーオリジンのようにいくつかの企業も実現を目指していて、関心が高まっています。ベゾス氏やブランソン氏、チトー氏のように、大金を持っている人は宇宙に行きたがる人が多いようです。その人たちは「子供のころからの夢だった」というコメントが多いですね。

 

現代では人間が冒険できる空間というのも、宇宙くらいだからということでしょうかね。将来的には、上記のような大富豪だけでなく一般人でも行けるようになるのでしょう。みなさんはどうでしょうか?

 

 

関連記事:星出彰彦さんら4人が乗る「クルードラゴン」がISSに無事ドッキング

関連記事:前澤友作とはどんな人?世界初の民間人月旅行者となった起業家

 




nabex

投稿者の記事一覧

経歴:フリーライター

趣味:旅行

気になる宇宙分野:宇宙全般ですが、特に太陽系外の宇宙に興味があります。

関連記事

  1. 暗黒物質は存在するの?ダークマターと銀河団の構造と関わりの歴史
  2. ケネディ宇宙センターの誕生秘話や観光方法など【豆知識】
  3. チキンナゲット f ローソンの定番食品「からあげクン」が野口聡一氏と共にクルードラゴ…
  4. ソユーズMS-10 wikipedia ロシアの「ソユーズ2-1b」の打ち上げ中に雷が!?落雷は大丈夫な…
  5. 宇宙犬 ライカ / wikipedia 地球軌道を初めて周回した犬の「ライカ」はどうやって宇宙に行ったの…
  6. 宇宙 星雲 f 史上初の「宇宙犯罪」が起きた!?いったいどんな犯罪?
  7. 宇宙食 amazon 【宇宙食の種類】格段に進歩した宇宙食と理想的な宇宙食とは?
  8. 宇宙服 f 宇宙服の機能や構成などを詳しく紹介

おすすめ記事

地球 宇宙 f NASAが深宇宙に生物を打ち上げる計画を発表! 現在の惑星形成理論が覆るかも?小さな恒星を周回する「怪物級」惑星発見 冥王星の魅力とは?ついに明らかになった冥王星の姿 火星 wiki 火星の表面温度は?大気はどうなっているの? 太陽帆の構想図 wikipedia 最新のソーラーセイル事情はどうなっているの?【2019年夏】 アメリカ宇宙軍 wikipedia アメリカがついに宇宙統合軍を発足!そもそも統合軍ってなに? ソユーズFG wikipedia ロシアのソユーズFGの打ち上げ失敗と再開について



PAGE TOP