太陽系

水星ってどんな星?特徴や環境、神話や探査機まで紹介!





(※1.メッセンジャーが撮影をした水星)

太陽系(たいようけい)の中で太陽に一番近いところを回っているのが水星(すいせい)です。水星と聞くと、涼しげな感じがしますが、実際は太陽に近いせいで、日向(ひなた)は鉛(なまり)を溶かすくらいの灼熱地獄(しゃくねつじごく)になっています。さて、いったい水星というのはどんな星なのでしょうか。





水星の特徴(とくちょう)

(※2.水星の内部構造。1:核、2:マントル、3:地殻)

水星は太陽を回っている惑星(わくせい)のなかでもっとも小さい星です。その大きさは月よりちょっと大きいくらい。土星(どせい)の衛星(えいせい)にタイタンという星がありますが、それと同じくらいの大きさです。地球とおなじ岩石質(がんせきしつ)の惑星で、中心(ちゅうしん)はドロドロにとけた鉄(てつ)やニッケルなどの金属(きんぞく)が、ゆっくりと対流(たいりゅう)しています。とけた金属が動くことによって電流(でんりゅう)が発生(はっせい)し、地球や水星はそれじたいが、巨大(きょだい)な磁石(じしゃく)のようになっています。

 

(※3.メッセンジャーの2008年の観測グラフ。ピークが水星磁場の存在を示している)

磁石にはN極(きょく)とS極があるのを知っていますね。地球は、北極側(ほっきょくがわ)がN極、南極側(なんきょくがわ)がS極の磁石になっているのです。これによって、磁場(じば)がはっせいします。太陽系のなかで、いまも磁場をもっている惑星は、水星と地球だけなのです。磁場は、太陽から吹きつける高温(こうおん)のプラズマイオンである太陽風(たいようふう)をさえぎる役割(やくわり)があります。地球はこのおかげで、いきものが危険(きけん)な太陽風からまもられています。しかし、水星では太陽からの強烈(きょうれつ)な熱(ねつ)にあぶられて、いくら太陽風がさえぎられても、生き物は生きられそうにありません。

 

水星の環境(かんきょう)

(※4.メッセンジャーが撮影した水星)

水星の自転軸(じてんじく)は、まっすぐに立っていて、傾きがほとんどありません。太陽からの熱はつねに一定(いってい)の角度(かくど)であたり、地球のように四季(しき)の変化がないのです。そのため、水星の極ふきんでは、永久(えいきゅう)に日かげになったままのところがあります。そこでは、気温(きおん)はマイナス180度まで下がっていて、氷(こおり)のようなものが観測(かんそく)されています。いっぽう、常に日があたっているところでは、気温は400度以上にもなります。鉛(なまり)というつりのおもりに使う金属がありますが、それがとけるくらいの温度なのです。また、水星の自転速度(じてんそくど)は大変に遅く、59日もかかって1回転(かいてん)します。大変ゆっくりと回転するので、昼間がながく、その分じっくりと太陽にあぶられ、それも気温がたかい理由(りゆう)のひとつです。水星の公転周期(こうてんしゅうき)は88日です。1年が88日ということになります。地球が365日かかって太陽のまわりを一周(いっしゅう)するので、とても早いスピードで回っていることになりますね。太陽は強力(きょうりょく)な重力(じゅうりょく)をもつ星で、はるかとおくの冥王星(めいおうせい)まで引きつけています。太陽にもっとも近い水星は、太陽に吸い込まれないように、はやい速度(そくど)で廻っているのです。

 

水星に住めるの?

(※5.黄色い部分は氷)

水星の気温は、日かげの最低気温(さいていきおん)がマイナス163度、ひなたの最高気温(さいこうきおん)が427度もあります。凍りつくか、焼け付くかのどちらかです。また、水星のような小さな星は、重力が弱く、大気(たいき)を地表(ちひょう)にとどめておくことができないので、ほとんど真空(しんくう)に近いじょうたいなのです。とても厳しい環境ですが、極ふきんの永久に日があたらないところでは、氷のようなものがあり、それを溶かして水分(すいぶん)は得られそうです。そこで頑丈なシェルターをつくれば、人間が住めるかもしれません。

 

水星に行けるの?

(※6.太陽の周りを回る水星)

水星は地球からそう遠くないところにありますが、行くのは大変です。太陽の強力な重力に引きつけられて、どんどんスピードがあがり、水星をとおりこして、太陽に吸い込まれてしまうのです。強力(きょうりょく)なエンジンで逆噴射(ふんしゃ)をしてスピードを落とさないと、水星の周回軌道(しゅうかいきどう)にのることができないのです。そのためには、とてつもなく沢山の燃料(ねんりょう)をもっていく必要(ひつよう)があります。小さな無人(むじん)の探査機(たんさき)なら、なんとか行けますが、人間を乗せていくのは、現在の技術(ぎじゅつ)では難しそうです。

 

水星のデータ

水 星 地 球
太陽からの距離(きょり) 5791万キロメートル 1億4960万キロメートル
直径(ちょっけい) 4880キロメートル 1万2742キロメートル
1年のながさ 88日 365日
1日の時間(じかん) 58日15時間30分 23時間56分
重力(じゅうりょく) 3.7m/s² 地球の約38% 9.8m/s²
へいきん気温 179度 15度
さいてい気温 マイナス183度 マイナス71度
最高気温 427度 59度
大気(たいき)の成分(せいぶん) 酸素(さんそ):42% 窒素(ちっそ):78%
ナトリウム:29% 酸素(さんそ):21%
水素(すいそ):22% 二酸化炭素(にさんかたんそ):

0.035%

ヘリウム:6% アルゴン:0.9%
カリウム:0.5%

 

水星の観測方法(かんそくほうほう)

 

水星は太陽にちかいので、地球から観測するためには、夕暮れ直後(ちょくご)の西の空か、日の出まえの東の空をみます。空がうすあかるいときの観測になるので、もともと小さい水星を見つけるのはちょっと大変です。地平線(ちへいせん)近くの低いところにあるので、障害物(しょうがいぶつ)のないひらけたところで探してみましょう。水星が太陽からはなれているときが観測しやすいので、インターネットや天文雑誌(てんもんざっし)で、観測に適した時期を調べるのがよいでしょう。

 

水星にまつわる神話

(※7.俊足の神メルクリウス。英語Mercuryの語源となった)

水星は英語(えいご)でマーキュリーといいます。ギリシア語ではメルクリウスで、商売(しょうばい)と、泥棒の神様(かみさま)、また旅人(たびびと)のまもり神でもあります。水星は今から5000年前ごろには、人々にその存在を知られてしまいました。明け方と夕暮れのほんの短い時間に、ちょこまかと現れては消える様子が、すばしっこい商人(しょうにん)や、ずる賢い泥棒に例えられたのでしょう。

 

水星探査機(すいせいたんさき)について

 

マリナー10号

(※8.マリナー10号)

1973年にアメリカは、初めての水星探査機、マリナ―10号を打ち上げました。マリナ―10号はまず金星(きんせい)にむかいました。金星の写真(しゃしん)をとる目的(もくてき)もありましたが、金星の重力をりようして、スピードを落とすことが必要(ひつよう)だったのです。これをスイングバイ方式(ほうしき)と呼びます。スイングバイは、ほかの星の重力をりようして、探査機のスピードを加速(かそく)したり、減速(げんそく)したりする方法で、さいきん話題(わだい)になった「はやぶさ」は、この方法でスピードを加速しています。マリナ―10号は、金星のそばをとおって減速したあと、太陽のまわりを回りながら、ゆっくりと水星に向かいました。太陽の高熱(こうねつ)にさらされて、機器(きき)の故障(こしょう)がありながらも、写真撮影に成功(せいこう)し、月にあるようなクレーターがいくつもあいた写真を送ってきました。また、はじめて水星表面(ひょうめん)の温度測定(おんどそくてい)も行いました。水星に磁場があるのを発見したのも、マリナ―10号です。マリナ―10号は燃料がなくなった今でも、太陽のまわりを回りつづけています。

 

メッセンジャー

(※9.デルタIIロケットによるメッセンジャーの打ち上げ)

それから30年間は、人々の関心(かんしん)は、火星(かせい)や土星(どせい)などの他の惑星にむけられ、水星の調査(ちょうさ)はもっとも遅れていました。しかし、2004年になってアメリカは、次の水星探査機メッセンジャーを打ち上げました。メッセンジャーは、水星の周回軌道に投入(とうにゅう)されたはじめての探査機です。30年前のマリナ―10号は、太陽のまわりを回りながら、水星の近くをかすめるときに観測を行うものでした。そのため、観測できる範囲が限定(げんてい)されましたが、メッセンジャーは水星のまわりをぐるぐると回るので、時間をかけて詳しい調査(ちょうさ)ができるようになりました。とはいえ、水星の周回軌道にはいるのはかなり大変です。そのまま行ったのでは、太陽の強力な重力井戸(じゅうりょくいど)に吸込まれてしまいます。メッセンジャーは、その問題を解決するため、水星に辿りつくまでに、マリナー10号で使ったスイングバイ方式を、6回もおこなったのです。

 

(※10.水星周回軌道に乗ったメッセンジャーの想像図)

地球を出たメッセンジャーは、地球で1回、金星で2回、水星で3回のスイングバイをおこないます。その軌道(きどう)は非常に複雑で、なんと6年も飛び続けて、水星の周回軌道にはいるのです。コンピュータ技術(ぎじゅつ)の発達によって、マリナ―10号の時には出来なかった難しい軌道計算(きどうけいさん)が可能になったから、実現できたのです。2011年にメッセンジャーは、無事(ぶじ)水星をまわる軌道にはいり、詳細な観測をはじめました。その結果、水星の地殻(ちかく)は非常に薄く、内部のほとんどは、鉄やニッケルなどの金属がとけた大きな核(かく)であることがわかりました。水星の磁場は、それがゆっくりと対流(たいりゅう)することによりはっせいし、地球の磁場の1/100くらいであることもつきとめられました。また、水星の両極(りょうきょく)にあるクレーターの中に、永久に日があたらないところがあり、そこに大量(たいりょう)の水が、氷となって蓄えられていることも分かりました。灼熱(しゃくねつ)の星に氷があったなんて、驚きですね。

 

(※11.水星のカロリス盆地)

たくさんのクレーターが写真におさめられ、有名な芸術家(げいじゅつか)の名前がつけられたのも、水星の特徴です。アクタガワ(あくたがわ りゅうのすけ)や、バショー (まつお ばしょう)と日本人の名前がつけられたものがたくさんあります。ヒロシゲとかソーセキというのもあるのですよ、おもしろいですね。メッセンジャーは、2015年まで観測をつづけ、最後は地球から信号(しんごう)を送って、水星に衝突させてその役割を終えました。

 

日本の探査機 ベピ・コロンボ

現在も計画(けいかく)されている水星探索機があります。日本とヨーロッパが共同でおこなっている、ベピ・コロンボという計画です。当初は水星に着陸(ちゃくりく)させる計画でしたが、残念ながら費用(ひよう)がかかりすぎる、という理由でそれは取り辞めになり、水星の周回軌道から、さまざまな観測を行うことになっています。日本の探査機が水星に向かうのは2018年ごろです。今から楽しみですね。

 

※1〜11:写真の引用元はwikipedia/他写真についてはフリー素材(photo ACより)





キタノモリ

投稿者の記事一覧

経歴:航空宇宙関連の会社勤務
趣味:ウルトラランニング
気になる宇宙分野:宇宙探査機、火星探査、太陽系外の惑星

関連記事

  1. 地球ってどんな星?特徴や探査船ちきゅう、内部構造まで紹介!
  2. 冥王星ってどんな星?惑星から準惑星になった冥王星の歴史
  3. 木星ってどんな星?特徴や大赤斑、探査機、ガリレオ衛星まで紹介!
  4. JAXAとESAの「ベピ・コロンボ」の役割は?7年かけて水星を目…
  5. 海王星ってどんな星?構造や観測歴史、衛星まで紹介!
  6. 天王星ってどんな星?環(リング)や衛星、気候や探査機まで紹介!
  7. カッシーニによる土星の撮影 (2004年3月27日)wikipedia 土星ってどんな星?土星の環や衛星、ボイジャー探索機まで紹介!
  8. 火星ってどんな星?特徴や水の存在、テラフォーミング、神話も紹介!…

おすすめ記事

  1. ニュートリノワームホールとは何?NASAも公式に発表したXポイントに迫る
  2. モンスター銀河とは?モンスター銀河の王「オロチ」がすごすぎる件
  3. 美しき惑星状星雲。その正体と太陽の死後はどうなるの?
  4. 太陽のブランク状態を確認、地球はミニ氷河期になる!?
  5. ニューホライズンズの探査目標と期待とは?
  6. 太陽フレアって何?私たちの生活にも関わる重要な話
  7. 日本のJAXAが開発した「きぼう」、今年8月に観測しましたか?
  8. 【地球外資源】宇宙資源の小惑星を利用できる?
  9. 古今東西語られてきた月神を紹介!
  10. 人工衛星の役割は何?衛星放送やGPS機能の最新情報

おすすめ記事

昔は不吉な前兆とされていた、彗星についてのあれこれ ケープカナベラル空軍基地から打ち上げられる、TESSを搭載したファルコン9ロケット wikipedia 「TESS」とは?NASAが今年4月に打ち上げた衛星を分かりやすく解説 JAXAとESAの「ベピ・コロンボ」の役割は?7年かけて水星を目指す! 天の川について!七夕の起源も紹介します 宇宙空間は無重力ではない!?今まで知らなかった意外な事実 恒星「シリウス」とは?地上から肉眼で見える恒星 プラネテスのテーマにもなった宇宙のゴミ「スペースデブリ」の脅威と対策
PAGE TOP