衛星

ガ二メデとはどんな衛星?太陽系で最大の衛星で生命の可能性あり?





 

衛星というのは、惑星周辺にある天体です。

木星には数多くの衛星がありますが、そのなかで最大の大きさを誇るのが「ガニメデ」です。

今回はこのガニメデについてご紹介してみましょう。





水星よりも大きな衛星

(画像引用元:ガニメデの内部構造の想像図 wikipedia)

 

ガニメデは木星の第3衛星で直径が5000kmもあり、

太陽系にある衛星中最大の大きさとなっており、なんと惑星の水星よりも大きいのです。

 

ガニメデという名前は、

ギリシャ神話のゼウスから「人類で一番の美少年」と言われたガニュメーデースからきています。

 

この衛星は、1610年にガリレオ・ガリレイによって初めて発見されました。

ガリレオはほかにも木星の衛星のエウロパ・イオ・カリストを発見していて、

この4つを「ガリレオ衛星」と呼びます。

 

ガニメデの表面には、暗い領域と明るい領域に分けれらています。

暗い部分にはクレーターがたくさんあり、

地殻変動の影響がほとんどない部分です。

明るい部分は、水のような地形となっていて暗い部分より後にできた部分とされています。

 

ガニメデの内部構造については、

ガリレオ探査機が重力場等を調査した結果、

内部がいくつかの層からできていることが示唆されています。

 

現在、ガニメデは内部中心から

金属の核・岩石マントル層・弱い氷の層・硬い氷状のの近くという構造と考えられています。

 

ガニメデの地表の活動と、

内部の構造には関連性があるとされています。

大気は非常に薄く、0.2〜1.2 × 10-5 μバールと予測されています。

 

これまで発見された衛星の中では、

内側から7番目の軌道を周回していて、ガリレオ衛星では内側から3番目の軌道になります。

 

公転周期はイオの4倍、エウロパの2倍といった軌道共鳴の状態で、

3つの衛星の軌道共鳴というのは、太陽系唯一の「ラプラス共鳴」という特殊な関係とになっています。

 

「軌道共鳴」というのは、天体力学で公転運動をしている2つの天体が、

お互いに規則的/周期的に重力を与えた結果として、

その公転周期が整数比となる現象のことをいいます。





気になるガニメデの表面は!?

(画像引用元:ガニメデの地表の溝地形 wikipedia)

 

このガニメデに、最近高さ3km、直径600kmものバルジ、

つまり奇妙なでっぱりが発見されています。

このバルジは厚い氷からできているとされていて、

位置と大きさは外殻が内部と別に回転していることを示しています。

 

これはガニメデの南極あるいは北極で誕生し、大きくなるにつれて重さで位置がずれていき、

海を覆っている氷だけがスライドし、極を覆っていたバルジ部分が赤道に落ち着くことになりました。

 

また、直径600kmものこの氷のバルジが長期間の間留まっていられるしくみも謎であり、

研究者の頭をひねらせています。

 

バルジが発見されたのは、NASAが撮影した画像から

「ミステリー・サークル」という地形を探しているときでした。

「ミステリー・サークル」というのは、氷の外殻が回転したときの同心円状の溝で、

同じ木星の衛星エウロパでも見つけられていました。

 

エウロパやガニメデには、外殻の下に海があることが判明しています。

これは氷の外殻が移動するのに必要条件であり、

ガニメデの氷の外殻が動いていると、疑問がいくつか解決できるとされています。

 

NASAのロバート・パッパラード氏は、

「ガニメデの深い溝の位置がどのようにしてできたのかが長い間大きな謎となっていましたが、

もしこれらが90度ほど移動したとすれば、

間違った位置関係から溝の形成の原因を探っていたことになるので、

今回の新発見は刺激的です」と語ります。

 

ガニメデの外殻の下には、衛星全体を覆うほどの巨大な海があるという証拠は、

今回のバルジの発見以前にも見つかっていました。

科学者たちはガニメデにこのような海が存在することを予想していたのです。

 

最近、ガニメデのオーロラ観測を通し、

氷の外殻の下にある海の存在を確認したと発表しています。

 

 

ガリレオも見た衛星を観測してみては?

 

太陽系最大の衛星、ガニメデについてでした。

中世の時代の天文学者・物理学者のガリレオ・ガリレイが発見した衛星で、

一番大きな衛星なので、双眼鏡でも見ることができてしまうので、天体観測の初心者にも最適ですね。

 





nabex

投稿者の記事一覧

経歴:フリーライター

趣味:旅行

気になる宇宙分野:宇宙全般ですが、特に太陽系外の宇宙に興味があります。

関連記事

  1. 木星の衛星「エウロパ」に間欠泉があるという新たな証拠が発見!
  2. 地球 宇宙 f 中国の衛星「天宮2号」が制御不能、落下事故につながる?
  3. 惑星の周りを公転している衛星(えいせい)とは何?
  4. GPSってどんなもの?GPS衛星の歴史や正式名称など雑学を紹介
  5. 日本発の大成果!地球の酸素が月まで届いていた!
  6. ケープカナベラル空軍基地から打ち上げられる、TESSを搭載したファルコン9ロケット wikipedia 「TESS」とは?NASAが今年4月に打ち上げた衛星を分かりやす…
  7. 日本版GPS「みちびき」って何?準天頂衛星システムについて解説



おすすめ記事

  1. NASAの「インサイト」ってどんな探査機?火星の地震観測などのミッションを紹介 インサイト(想像図) wikipedia
  2. 地球外生命体の可能性は? 地球外生命体を探すセチ計画も解説
  3. 国立天文台(NAOJ)とは何?見学の料金は?三鷹キャンパスとの関係性 国立天文台 三鷹キャンパス / wikipedia 引用
  4. 航空自衛隊の「宇宙部隊」とは?宇宙監視部隊の役割は?
  5. 宇宙太陽光発電とは何?壮大な夢の技術か馬鹿げた計画か?
  6. 大気に土壌成分…火星移住はほとんど不可能?
  7. 【2018年まとめ】スペースデブリの最新対策方法について
  8. 火星探査のこれまでの歴史と有人火星調査は現在どこまで進んだの?
  9. 生命体の可能性も?!地球に一番近い太陽系外惑星「プロキシマb」の発見
  10. 太陽系外惑星に地球に似た星「ケプラー452b」を発見!

おすすめ記事

無限回転粒子 f 宇宙からきた謎の「反復する高速電波バースト」とは何? ルノホート2号 wikipedia ソ連の「ルノホート2号」とは?遠隔操作で月を移動しながら調査! 日本版GPS「みちびき」って何?準天頂衛星システムについて解説 イーロンマスク スペースX 引用 人類の夢!アメリカ・スペースX社が驚きの火星移住計画が発表 火星のオリンポス山とはどんな山?太陽系の天体でもっとも高い山を解説 カッシーニによる土星の撮影 (2004年3月27日)wikipedia 土星ってどんな星?土星の環や衛星、ボイジャー探索機まで紹介! 人工衛星は肉眼で見える?肉眼での観察方法
PAGE TOP