太陽系外惑星

NASAがGoogleのAIで「Kepler 90」の未知の惑星を発見!





 

先日、NASAがGoogleの人工知能でケプラー90恒星系にある、

未知の惑星「Kepler 90i」を発見したというニュースがありました。

いったいどのようなものなのか、みていきましょう。





Googleの人工知能が解析したという未知の惑星

 

アメリカ宇宙局のNASAは12月14日(現地時間)、

ケプラー宇宙望遠鏡によるの観測データをGoogleの人工知能が解析させたところ、

ケプラー90恒星系にこれまで未確認の惑星「Kepler 90i」を発見しました。

 

大手IT企業で有名なGoogleの人工知能が解析したのは、

地球から2545光年離れた「Kepler 90(ケプラー90)」という恒星の周りの、

いまままで知られていなかった惑星です。

 

新しく見つかった惑星「Kepler 90i」は、14日と半日ほどで恒星の周回していて、

表面温度は400度以上、生命が活動できる環境(ハビタブル)ではない星ということです。

この「Kepler 90」には、今まで7つの惑星があることが確認されていましたが、

今回の発見により惑星の数が8つとなり、これは太陽系と並び最も多いことになります。

 

担当者は、「人工知能が人間では処理しきれないほどの膨大なデータから、

惑星を見つけ出してくれた」と、さらなる未知の惑星の発見を目指しています。

 

Googleの人工知能は、ケプラー宇宙望遠鏡によるの観測データの

3万5000件以上の信号データを解析しました。

これはたしかに人間では簡単に処理できない量ですね。

 

このGoogleのニューラルネットワークは、

「Googleフォト」で犬や猫を識別するために使われているものと似ているそうです。





ケプラー90にはまだまだ惑星がある可能性

 

ケプラー90は地球から2545光年離れたりゅう座の方向に位置する、太陽より大きな恒星です。

ケプラー90という名前は、ケプラーミッションにおいて惑星が正式に確認された90番目の恒星ということからつけられました。

 

ケプラー宇宙望遠鏡の観測で8個の太陽系外惑星が発見され、

太陽系と同規模であることが確認された初の惑星系ということになります。

 

これらの8つの惑星は、恒星から遠ければ遠いほど半径が大きくなるといった特徴があります。

恒星に一番近い「ケプラー90b」の半径は地球より1.31倍で、

恒星から一番遠い「ケプラー90h」の半径は木星とほとんど同じになります。

 

この点が太陽系にも似ている事で、ケプラー90系の構造が注目されています。

 

今回発見されたケプラー90iを除いた内側5個は、

「スーパーアース(巨大地球型惑星。太陽系外惑星のなかで地球の数倍ほどの質量を持つもので、

主成分が岩石・金属等の固体成分と思われる惑星)」か

「ミニ・ネプチューン」であると考えられています。

 

外側の2つは巨大なガス惑星で、

一番外側の「ケプラー90h」は、恒星までの距離が太陽〜地球の距離とほぼ同じとされています。

 

ケプラー90の特徴は、質量・直径が太陽より大きくて、

表面温度も太陽よりもわずかに高いということです。

ただ、このデータの細かい数字は論文によって違いがあります。

 

2014年の論文では、質量は太陽より1.118倍、

半径は太陽より1.166倍とされていましたが、

2015年の論文では質量と半径は太陽の1.2倍とされていました。

表面温度は「6,238K」で、これは太陽の5,778Kという数値よりもやや高温ということになります。

年齢は20億年ほどとされていて、太陽の約46億年より若いということになります。

 

肉眼での観測は残念ながら出来ません。

 

ケプラー90には、発見されたもの以外にも惑星が存在する可能性もあります。

ケプラー系は、恒星に近い惑星しか探索されていないからです。

まだ未観察の遠方には、まだ惑星がある可能性が高いとNASAの関係者は言っています。

 

GoogleのAIでは、ケプラー宇宙望遠鏡で観察された約20万ほどの天体のうち、

たった670個を調べて今回の太陽系外惑星を発見しているので、さらにデータを分析すれば、

新しい発見がある可能性が非常に高いということになります。

 

 

Googleは人工知能まで開発してるんですね

 

ケプラー90に発見された、未知の惑星ケプラー90iについてでした。

それにしても、このGoogleのニューラルネットワークはすごいですね。

人間にはほとんど処理しきれないデータを解析してくれます。

これからも今後の宇宙観測にはこのような人工知能を活用できるでしょう。

 

 





nabex

投稿者の記事一覧

経歴:フリーライター

趣味:旅行

気になる宇宙分野:宇宙全般ですが、特に太陽系外の宇宙に興味があります。

関連記事

  1. CoRoT-7bの想像図 wikipedia 地球に似た系外惑星「CoRoT-7b」は、実は木星の衛星「イオ」…
  2. 太陽系外惑星に地球に似た星「ケプラー452b」を発見!
  3. 39光年先の宇宙で地球に似ている太陽系 外惑星7つ発見
  4. 生命体の可能性も?!地球に一番近い太陽系外惑星「プロキシマb」の…
  5. オリオン座が欠ける?ベテルギウスの超新星爆発の時期と消滅について…



おすすめ記事

  1. テスラのロードスターが宇宙に打ち上げられた理由は?
  2. 火星のオリンポス山とはどんな山?太陽系の天体でもっとも高い山を解説
  3. モンスター銀河の種類について一覧にして紹介 M82 銀河 wiki
  4. 想像の世界が現実に!宇宙エレベーターの実現に向けて
  5. スペースXに就職はできる?インターンについても紹介 スペースX / 引用元 公式サイト
  6. 【地球外資源】宇宙資源の小惑星を利用できる?
  7. 月が大きく見えるときがあるのはなぜ?
  8. 太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」の任務とは?超高温にどう耐えているの?
  9. オウムアムアとは何?歴史的な大発見!謎の葉巻型天体
  10. 国立天文台(NAOJ)とは何?見学の料金は?三鷹キャンパスとの関係性 国立天文台 三鷹キャンパス / wikipedia 引用

おすすめ記事

【2018年まとめ】スペースデブリの最新対策方法について 宇宙食 amazon 宇宙食の種類は?どんなメニューがあるの? 宇宙から見た地球の姿は?夜の姿も変化がある? 火星の基地に必要なものは?NASAの酸素製造器「MOXIE」は成功するか? ガ二メデとはどんな衛星?太陽系で最大の衛星で生命の可能性あり? カッシーニによる土星の撮影 (2004年3月27日)wikipedia 誰もが知っている「土星の輪」って、実際はどんなものなの!? チャンドラヤーン2号 wikipedia 「チャンドラヤーン2号」や「ISRO」などインドの宇宙開発を紹介
PAGE TOP