宇宙雑学

ケネディ宇宙センターの誕生秘話や観光方法など【豆知識】





ケネディ宇宙センター

 

アメリカの「ケネディ宇宙センター」といえば、

宇宙関連のニュースでも度々出てくることがあるので日本でもすっかりおなじみの場所ですよね。

ここはもちろん、NASAの施設のひとつです。

今回はこのケネディ宇宙センターについてご紹介してみます。

 

(画像引用元:ケネディ宇宙センター wikipedia)

ケネディ宇宙センターの誕生まで

 

アメリカ航空宇宙局・NASAの フィールドセンターの一つである

ジョン・F・ケネディ宇宙センターは、

アメリカのフロリダ州はブレバード郡メリット島にあります。

 

ここは有人宇宙発射場・打ち上げ管制施設・ベイロード整備系によって構成されている、

NASAの重要な研究拠点です。

 

同じくフロリダ州東海岸にある

「ケープカナベラル空軍基地」の隣にあります。

 

ケネディ宇宙センターの「ケネディ」とは、

もちろんあのアメリカの大統領の名前からつけられています。

 

1961年に当時のアメリカ大統領だったジョン・F・ケネディがした

「1960年代の内に月までの有人飛行を行う」という宣言にあわせ、

ロケット打ち上げの業務の拡張も要求されました。

 

そのため、フロリダのメリット島にあるケープカナベラルに隣接する

新しい打ち上げセンターを建設することが決まりました。

 

その後はフロリダ州と交渉し土地の所有権を取得し、

ケネディ宇宙センター工業地域の主要建物は、

建築家チャールズ・ラックマンにが設計しました。

 

1962年11月から建設が始まり、

この年にケネディ大統領は現場を2回訪問しています。

 

ケネディ大統領は、暗殺される1963年の11月22日からちょうど一週間前も訪れていました。

 

ケネディ大統領が暗殺されて1週間後の1963年11月29日、

この施設はリンドン・B・ジョンソン大統領によって、「ケネディ宇宙センター 」 と命名されました。

過去の運用プログラムは?

 

ケネディ宇宙センターの過去の運用プログラムについてです。

 

あの人類初の月への有人飛行である「アポロ計画」のロケットが

打ち上げられたのもこのケネディ宇宙センターです。

 

アポロ計画の最初の無人飛行であるアポロ4号が、

ケネディ宇宙センターで打ち上げられた初のロケットでした。

 

人類初の有人月飛行として有名なアポロ11号は、

1969年7月16日にケネディ宇宙センターから「サターンV型ロケット」によって打ち上げられました。

 

アポロ12号はその4か月後に打ち上げられ、1970年〜1972年までの2年間、

ケネディ宇宙センターで13号〜17号までのの打ち上げによってアポロ計画は締めくくられました。

 

スペースシャトルが最初に打ち上げられたのもケネディ宇宙センターです。

 

最初のミッション「STS-1」のために1981年の4月12日に打ち上げられた「コロンビア号」は、

無人打ち上げで事前試験の飛行をしないという、

NASA史上初の試みである有人打ち上げでした。

 

その後、1986年1月28日「STS-51-L」ミッションにおいて、

チャレンジャー号が打ち上げの73秒後に空中分解するという痛ましい事故が起こってしまいます。

 

この結果、乗組員の7名全員が死亡しました。

固体燃料補助ロケットの右側の密閉用のOリングが発射した時に破損し、

これが構造物の空中分解にとつながりました。

 

スペースシャトル飛行はその後多くの改良を施し、

1988年9月29日に「STS-26」ミッションで再開されました。

 

宇宙ステーションの組み立てにも関わっている

 

宇宙ステーションの組み立てについてもケネディ宇宙センターが関わっています。

 

1980年代初期に、国際宇宙ステーション ISS のモジュールの設計が開始され、

ケネディ宇宙センターはこれらをスペースシャトルに乗せ、

打ち上げの前に整備して、組み立てに備えました。

 

1996年に「宇宙ステーション部」が結成されますが、

ケネディ宇宙センターのスタッフは

そのステーション・モジュール工場に配置され、彼らの知識が工程に役立てられました。

 

現在もケネディ宇宙センターは、軌道上で行う実験を開発したり、

世界中から来たISSのペイロードを打ち上げ前に整備する作業を続けています。

 

フロリダの観光名所となっています

 

さて、フロリダの観光名所といえば「ディズニーワールド」ですが、

もうひとつの大きな名所がこのケネディ宇宙センターなんです。

 

一般公開されているのは「ケネディ宇宙センタービジターコンプレックス」で、

ここからのバスツアーでケネディ宇宙センターの内部も見学できます。

 

「ケネディ宇宙センタービジターコンプレックス」は

宇宙をテーマにしたテーマパークという感じで、丸一日遊べる施設となっています。

 

ゲートに入るとすぐに見えるのが、「Heroes and Legends」という施設です。

ここでは映像作品や実際に宇宙船カプセルなどが見学できます。

 

「ロケットガーデン」には、

これまで打ち上げられてきた多くのロケットが並んでいます。

 

バスツアーでは実際にケネディ宇宙センターを見学できますが、

途中に立ち寄る「アポロ・サターン5センター」では、

アポロ号を乗せたサターン5の巨大な姿が見れたり、

月面着陸したその日の世界中の新聞、月の石なども展示されています。

 

現地では見学もできます

 

おなじみのケネディ宇宙センターについてでした。

見学も出来るらしく、「ディズニーワールド」と並ぶフロリダの観光名所となっているそうなので、

フロリダに行く機会のある人は訪れてみてはいかがでしょうか?

ミニチュアのロケット・スペースシャトルなんかもお土産として売られているそうです。

 




nabex

投稿者の記事一覧

経歴:フリーライター

趣味:旅行

気になる宇宙分野:宇宙全般ですが、特に太陽系外の宇宙に興味があります。

関連記事

  1. 宇宙旅行の「宇宙ホテル」とはどんなもの?
  2. 脳 f 宇宙旅行は脳に影響がある?長期滞在の影響は?
  3. 航空自衛隊の「宇宙部隊」とは?宇宙監視部隊の役割は?
  4. 映画「ゴジラ」(1954) ライヴ・シネマ形式全曲集 amazon NASAが「ゴジラ座」という星座を新たに認定! ゴジラ座が爆煙し…
  5. ニュートリノワームホールとは何?NASAも公式に発表したXポイン…
  6. 宇宙の約68%を占めるという、謎のダークエネルギーとは?
  7. 昔は不吉な前兆とされていた、彗星についてのあれこれ
  8. 隕石とは?日本の隕石伝説も紹介



おすすめ記事

  1. 昔は不吉な前兆とされていた、彗星についてのあれこれ
  2. 地球ってどんな星?特徴や探査船ちきゅう、内部構造まで紹介!
  3. JAXAとESAの「ベピ・コロンボ」の役割は?7年かけて水星を目指す!
  4. スペースXのロケット「ファルコン9」の爆発事故について
  5. 天の川について!七夕の起源も紹介します
  6. 【宇宙開発の3人のキーパーソンに注目】イーロン・マスク・ジェフ・ベゾス・リチャード・ブランソン
  7. 「恒星」の定義や語源、惑星や衛星との違い
  8. アンドロメダ銀河が肉眼で見えることをご存知でしたか?
  9. ルナ計画とはどんな計画?ロシアが世界に先駆け行った無人月探査 ルナ11・12号(E-6LF型)探査機 wikipedia
  10. 「TESS」とは?NASAが今年4月に打ち上げた衛星を分かりやすく解説 ケープカナベラル空軍基地から打ち上げられる、TESSを搭載したファルコン9ロケット wikipedia

おすすめ記事

宇宙から見た地球の姿は?夜の姿も変化がある? 太陽フレアって何?私たちの生活にも関わる重要な話 トーラスロケットによる打ち上げ(1998年2月10日) wikipedia 宇宙葬とは?宇宙に散骨できる?費用はどれくらいかかるの? 地球を含めた「惑星」について詳しく知っていましたか? 磁気嵐とは?どんな影響があるの?太陽風で大規模な停電が起こる? スーパームーンとは何?周期と地球に与える影響 日本の補給機「こうのとり」が宇宙ステーションにドッキング
PAGE TOP