宇宙雑学

NASAが深宇宙に生物を打ち上げる計画を発表!





NASA wikipedia

NASA wikipedia

 

宇宙に行った地球の生物は人間以外にもいろいろいましたが、このほどNASAが深宇宙に生物を打ち上げるという計画を発表しました。深宇宙に行く生物…どうなるんでしょうね?

 

今回はこのNASAが深宇宙に生物を打ち上げるという計画について説明します。

 

 

生物を深宇宙に打ち上げる計画

 

NASAはこのほど、2020年に小型宇宙船の「バイオセンチネル(BioSentinel)」で生物を深宇宙に打ち上げるということを発表しました。この「バイオセンチネル」は、ブリーフケースくらいの宇宙船で酵母菌を搭載しています。

 

これを太陽を回る軌道に乗せて、地球磁気圏の外での放射性についての影響を調べようという計画です。このバイオセンチネルは、「アルテミス1」というミッションで打ち上げられる13のキューブサットの中の1個です。

 

ミッションは9ヶ月から12ヶ月にわたりデータを集め、DNAの修復できる通常の酵母菌とそうでない突然変異型酵母菌を観察。同様の実験がISS・国際宇宙ステーションでも行われます。

 

このアルテミス1は、次世代ロケットの「SLS」により実施されます。また、2023年に予定の「アルテミス2」では、「オリオン」宇宙船を使った有人での月周辺飛行ミッションも予定されています。

 

 

宇宙に行った生物のおさらい

ハエ f

 

これまでにも、人間を含めて宇宙に行った生物はたくさんいました。意外にも、宇宙に初めて打ち上げられた生物はあの「ハエ」だったそうです。1947年の2月20日に、生物の宇宙線の影響を調べるためにハエを乗せたV2ロケットがアメリカのホワイトサンズ性能試験場から打ち上げられました。

 

このハエは無事宇宙から地球に健康体のまま帰還しています。その後、1949年6月にアメリカはアルバート2世というサルも打ち上げましたが、地球に戻るときにパラシュートが故障して残念ながら死亡してしまいました。

 

ライカが描かれたロシアの郵便切手 / wikipedia

ライカが描かれたロシアの郵便切手 / wikipedia

 

人間以外の宇宙に打ち上げられた動物としてもっとも有名なのがやはり「ライカ」でしょう。犬の「ライカ」は1957年11月3日にソ連が打ち上げた「スプートニク2号」に搭乗し、軌道を周回した初めての動物になりました。

 

 

アルテミス1計画とは?

 

では、この「アルテミス1」という計画はどういったものなんでしょうか?今年2019年の5月14日、NASAは「ふたたび有人での月面着陸を2024年までに成功させる」という、アルテミス計画をツイッターで発表しました。

 

このアルテミス計画では、男女の2人が月面に送られて、これが実現すれば「女性宇宙飛行士として人類初の月面着陸」という記録も達成されます。NASAはアルテミス計画のために、連邦議会に追加予算を申請しています。

 

この「アルテミス」という言葉は聞いたことがあるでしょう。「アルテミス」とは、ギリシャ神話に出てくる狩猟・貞潔を司る月の女神です。

 

芸術や芸能の神であるアポロンと双子で、アポロンといえばもちろん1960年代のNASAのアポロ計画の名前にもなっていますね。ここから、人類史上で初の女性の月着陸という計画のためにこのアルテミスという名前がついたのです。

 

このアルテミス計画を成功させるためには、目標の2024年までに月面に着陸できる宇宙船の設計・製作、新たな宇宙服の制作、関連したプログラム作成等が必要になります。

 

さらに、NASAは「スペース・ロンチ・システム(SLS)」という新打ち上げシステムを作り、2022年までにこの「SLS」とオリオン(有人ミッション用宇宙船)を使って月周回軌道で有人飛行をする計画です。

 

このSLSが、アルテミス計画でも使われます。

 

NASAは2019年3月、連邦議会に210億ドル、日本円で約2兆3000億円の予算を申請しましたが、月に人間を2014年までに送るために、2020年度の予算で新たに16億ドル、日本円で約1800億円の追加予算を申請しました。

 

内部関係者では、2024年までに月面に人間を送るためには「1年で60億ドル(約6600億円)〜80億ドル(約8800億円)が必要になる」と考えられています。

 

ツイッターが大好きなトランプ大統領も、2019年の5月14日に「再び我々が宇宙に大手を振って戻るため、NASAの16億ドルの追加予算を許可した」とツイートしています。

 

 

どんな生物が深宇宙に行くのでしょうか

 

NASAの深宇宙に生物を打ち上げるという計画についてでした。月面有人飛行の「アルテミス1」計画の宇宙船のひとつということで、詳細はまだ判明していませんが、深宇宙に生物を向かわせて、その後どうするのか気になりますよね。

 

また、深宇宙に行くのはどの生物になるのでしょうか。このへんもまだわかってないので、続報を待ちましょう。

 




nabex

投稿者の記事一覧

経歴:フリーライター

趣味:旅行

気になる宇宙分野:宇宙全般ですが、特に太陽系外の宇宙に興味があります。

関連記事

  1. ソユーズFG wikipedia ロシアのソユーズFGの打ち上げ失敗と再開について
  2. 宇宙ゴミ・スペースデブリが何故いま問題なのか?その1
  3. ケネディ宇宙センターの誕生秘話や観光方法など【豆知識】
  4. 航空自衛隊の「宇宙部隊」とは?宇宙監視部隊の役割は?
  5. プラネテスのテーマにもなった宇宙のゴミ「スペースデブリ」の脅威と…
  6. ソユーズMS-10 wikipedia ロシアの「ソユーズ2-1b」の打ち上げ中に雷が!?落雷は大丈夫な…
  7. JAXA wikipedia 日本のJAXAは見学ができる?施設見学ができるツアーがある?
  8. 夢物語を真剣に考察!ワープ(超光速航法)についてのお話



おすすめ記事

  1. 美しき惑星状星雲。その正体と太陽の死後はどうなるの?
  2. 想像の世界が現実に!宇宙エレベーターの実現に向けて
  3. 人工衛星は肉眼で見える?肉眼での観察方法
  4. 39光年先の宇宙で地球に似ている太陽系 外惑星7つ発見
  5. スペースXの最新ロケットが打ち上げ成功!その全貌に迫ります
  6. 月の土地が買える?権利書の効力は? 月 f
  7. これまで宇宙に行った多くの動物たち(ハエ・犬・猫・猿・ゴキブリ) 1959年12月4日、Little Joe 1Bフライトに挑むアカゲザルのMiss Sam wikipedia
  8. 木星をテラフォーミングできる? ジュノー探査機 / wikipedia引用
  9. ニューホライズンズってどんな探査機?エイリアンにメッセージが届く?
  10. 第9惑星発見のパンくず?通称「ゴブリン」について

おすすめ記事

宇宙服 f 宇宙服の機能や構成などを詳しく紹介 銀河系 f 宇宙のはじまりは「ビッグバン」ってなに? 日本のJAXAが月に見つけた巨大な空洞とは? 月が大きく見えるときがあるのはなぜ? 木星の衛星「エウロパ」に間欠泉があるという新たな証拠が発見! 第9惑星発見のパンくず?通称「ゴブリン」について 宇宙空間は無重力ではない!?今まで知らなかった意外な事実
PAGE TOP