探査機

太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」の任務とは?超高温にどう耐えているの?





パーカー・ソーラー・プローブ

 

先日 NASA が太陽に接近する探査機を打ち上げたとしてニュースとなりました。

太陽に接近する探査機とは一体どういったものなんでしょうか。

ここでその探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」について説明してみます。

 

関連記事:宇宙天気予報とは?太陽フレア・磁気嵐なども予想できる予報なの?

関連記事:磁気嵐とは?どんな影響があるの?太陽風で大規模な停電が起こる?

 

 

探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」の任務は?

 

アメリカ航空宇宙局のNASAが、

太陽に接近するという探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」を

日本時間の8月12日夕方に打ち上げられたとしてニュースとなりました。

 

太陽といえば内部が超高温になっていることで有名ですが、

この探査機はどうやって近づくことができるのでしょうか?

 

NASA の「パーカー・ソーラー・プローブ」探査機の任務は、

私たち地球が住んでいる太陽系の恒星である太陽に、今までのどんな人工的物体よりも近づいて、

その中へと突き進んでいくと言う使命です。素人考えでは、

今まで想像もしなかったような宇宙のミッションですよね。

 

これによってNASAは何を調べるのでしょうか。

 

現在太陽で疑問とされていることは、

太陽の大気圏がプラズマでできている表面よりも数百倍暑いということや、

太陽から吹き出ているプラズマの流れである太陽風が生成されて、

これが超音速でなぜ遠くまで届くのかということです。

 

このような謎を解明するために、

今回の「パーカー・ソーラー・プローブ」が太陽のデータを収集します。

 

太陽へ接近するのは今年11月と予定されています。

ここで収集されたデータが、

太陽フレアの発生の原理の究明や気象の急な変化を予測するモデルの構築のために使用されます。

 

なぜこれが必要なのかというと、人工衛星がこれらによって不具合が起こり、

国際宇宙ステーションに滞在している人間にも危険が及び、

さらに、電力系統にも問題を起こす可能性があるからです。

 

このような調査をすることはもちろん簡単ではありません。

この探査機は、太陽の表面644万km以内に近づかなければなりません。

これは当然太陽の非常に強い、なんと50万度以上という高熱の中を飛ばなければならないからです。

 

なぜ、飛ぶことができるのでしょうか。

今回のミッションでは、ここが一番気になる点ですよね。

ここで探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」がどのような原理で

太陽の熱さを耐えることができるのかを紹介します。

 

 

いかにして太陽の超高温にも耐えることができるのでしょうか

 

まず、 熱を防ぐシールドがポイントです。

 

この探査機は太陽への接近を、約20回以上予定しています。

そこで最も大事になるのが耐熱シールドです。

これはディスク上になっていて、幅が約2.4m、 厚さが約11.4cmあり、 これが太陽の熱を防ぎます。

 

ポイントなのはもちろん素材です。

 

このフィールドには炭素でできた黒い色の断熱カーボンフォームに、

硬いカーボンファイバープレート2枚挟むような構造になっています

 

カーボンファイバーのプレートは応用物理学研究所のエンジニアが設計し、

炭素複合材料メーカーの「C-CAT」によって組み立てられました。

 

さらに、太陽の面した側には「ホワイトセラミックコーティング」がしてあります。

 

プレート表面になされたこのコーティングによって、

太陽からの熱を反射する能力が2倍になるとしています。

 

これによって、シールドの内部の探査機の温度は、

なんと、たった30度ほどなんだそうです。

 

アンテナにはどんな細工が?

 

コロナを調査するアンテナにももちろん熱に対しての対策が施されています。

 

この5本の長いアンテナのうち4本が太陽の熱を受けることになるため、

「FIELDS」という、ロケットエンジンにも使われているレアメタルにより、管状に作られています。

 

「SWEAP」という計測機器もあって、

これは太陽風に大く含まれている粒子の速度・密度・温度を調査します。

それには「ファラデーカップ」という特殊センサーによって粒子を捉える必要があります。

 

ここにも熱対策をします。太陽の熱に耐えるために、

融点約2,350℃という「チタンジルコニウムモリブデン合金」

をシート状にしたファラデーカップになりました。

 

計測機器には電流を集める金属プレートにつながった複数の電気格子を備えています。

これは3,000℃以上という熱にも耐えることができるタングステンによってつくられているので、

レーザーではなく「酸」を使っています。

 

耐熱ケーブルはサファイアガラス状の管に通しています。

 

無人での操作が一番難しい!?

 

それでも、おそらくこの探査機が直面する最大の危機は、

あらゆるプロセスの大部分を人間の操作なしで実行することでしょう。

 

ミッションの多で、耐熱シールドで通信が遮られる場合があります。

 

エンジニアはすべての問題を検出して探査機を復帰させるシステムをつくりました。

 

耐熱シールドの陰の部分に小さなセンサーは太陽光を検知するように置かれていて、

検知することで探査機に知らせ、耐熱シールドが働くような飛行コースを修正します。

 

研究者は、これまでの宇宙船のなかで最も自律飛行が可能なもののひとつですと語っています。

 

太陽に探査機が接近するなんてすごいですね

 

太陽に史上最も接近するという NASA の探査機パーカー・ソーラー・プローブについてでした。

 

パーカーは、11月に史上初めて太陽に近づきます。

研究者は、「これは太陽系最後の秘境のひとつと言えます。

まるで完全に未知な世界なです」と語っています。

 

探査機は打ち上げられたのがニュースになったばかりですが、

11月にもまたニュースとなるでしょう。

 

関連記事:太陽のブランク状態を確認、地球はミニ氷河期になる!?

関連記事:太陽はどうやって誕生したの?太陽系の「はずれ」にはなにがある?

 




nabex

投稿者の記事一覧

経歴:フリーライター

趣味:旅行

気になる宇宙分野:宇宙全般ですが、特に太陽系外の宇宙に興味があります。

関連記事

  1. ニューホライズンズの探査目標と期待とは?
  2. ルノホート2号 wikipedia ソ連の「ルノホート2号」とは?遠隔操作で月を移動しながら調査!
  3. 今年でなんと40周年目!の探査機「ボイジャー」の現在地や功績
  4. カッシーニ探査機の間近に迫った注目のラストミッション!
  5. インサイト(想像図) wikipedia NASAの「インサイト」ってどんな探査機?火星の地震観測などのミ…
  6. 火星上のオポチュニティ wikipedia 火星探査機「オポチュニティ」が役目を終える!輝かしい探査の歴史を…
  7. 地球に隕石が衝突 f はやぶさ2が行う小惑星サンプルの採取方法は?
  8. ルナ11・12号(E-6LF型)探査機 wikipedia ルナ計画とはどんな計画?ロシアが世界に先駆け行った無人月探査



おすすめ記事

  1. 木星をテラフォーミングできる? ジュノー探査機 / wikipedia引用
  2. 太陽系外惑星に地球に似た星「ケプラー452b」を発見!
  3. ついに水の証拠!火星に湖の存在が確認されました
  4. 史上初、ブラックホール撮影成功!どうやって撮影できたの? ブラックホール wikipedia
  5. 金星ってどんな星?テラフォーミング、あかつき探査機やベネラの歴史も紹介!
  6. 火星にかつて巨大な海が存在した?最近の研究も紹介します
  7. 火星の基地に必要なものは?NASAの酸素製造器「MOXIE」は成功するか?
  8. 冥王星ってどんな星?惑星から準惑星になった冥王星の歴史
  9. 大気に土壌成分…火星移住はほとんど不可能?
  10. スーパームーンとは何?周期と地球に与える影響

おすすめ記事

JAXA wikipedia 日本のJAXAは見学ができる?施設見学ができるツアーがある? ALH84001に含まれる鎖状構造(電子顕微鏡画像)火星隕石 wikipedia 引用 地球に落ちてきた「火星隕石」はなんと生命の化石だった? 月が大きく見えるときがあるのはなぜ? 隕石とは?日本の隕石伝説も紹介 欧州宇宙機関ってどんなところ?ヨーロッパ版NASAの「ESA」の歴史を解説 ALE Co., Ltd. 人工流れ星 公式から引用 人工流れ星はいつ見れるの?夢に満ちたプロジェクトの目的と宇宙ゴミ問題 宇宙太陽光発電とは何?壮大な夢の技術か馬鹿げた計画か?
PAGE TOP