宇宙雑学

宇宙からきた謎の「反復する高速電波バースト」とは何?





無限回転粒子 f

 

先日、地球からはるか遠く離れた宇宙から謎の反復する高速電波バーストが届いたという報告がありました。

まるでSF小説の話しのようなこの電磁バーストとは、いったいなんなのでしょうか?

ひょっとして、宇宙人からのメッセージだったりするんでしょうか?

 

 

反復するバーストは非常に珍しい

 

今年2018年の1月、あの有名な科学雑誌「ネイチャー」に、深宇宙から13回にわたる謎の高速電波バーストが検出されて、その1つは規則的反復が見られたということが発表されました。

 

「高速電波バースト」というものは、実は2007年にも見られました。

これは広大な宇宙でも、最も不可思議な現象のひとつとされています。

 

バーストが持続する時間は数ミリ秒(1ミリ秒=1000分の1秒)ほどで、どれもが銀河系の彼方から来ているということです。

しかし、この電波バーストの原因は今のところ判明していません。

これまでに観測されたバーストはすくないですが、毎日1000回ほどのものが発生していると予想されています。

 

今回、13回の高速バーストを検出したのはカナダの「カナダ水素強度マッピング実験」研究チームです。

13回のうち1回が「反復するバースト」というもので、これは非常に珍しいそうです。

 

論文では、「リピーター」という反復する高速電波バーストを含めた13回の高速電波バーストは、地球から15億光年ほども離れた場所から届いたそうです。

このバーストはこれまで検出された電波バーストの中でもっとも周波数が低かったのですが、これまで観測されたものよりも明るかったとうのも特徴です。これは、発生した場所の環境と関係があるのかもしれません。

 

周波数が低いほど遠くから来るというものではなく、銀河間媒質・星間媒質の高温のガス・プラズマの中から伝わってくるたので、さまざまな影響を受けていると考えられています。

電波というものは宇宙空間でねじれたり、散乱や吸収されたりしています。

この研究チームでは、13回の電波バーストは銀河の荒れ狂う高密度の領域から来たのではないかと想定しています。

そこは高密度超新星の残骸やブラックホールの付近等、激しい活動が起きている場所です。

 

 

銀河間の環境を知る手がかりにもなる

 

このように、今回13回のうちちひとつだけ見つかった「反復するバースト」というのがリピーターと呼ばれているわけですが、これが過去に一度だけ見つかったものと構造が似ているということです。

このような構造はリピーターだけのもので、このような構造が見られた場合はリピーターという可能性が大きいようです。

 

今回のバーストを検出したのは「CHIME」という電波望遠鏡ですが、このCHIMEではまだ能力の一部しか使っていなかったため、現在フルに活用されるようになったCHIMEがより多くの高速電波バーストを探すことに期待がかけられています。

こうしてさらにバーストが検出されようになると、銀河の何もないような空間に分布しているガス・ダスト・プラズマ(いわゆる銀河間媒質)を調べるために有効な手がかりになると言われています。

 

惑星探査ならまだしも、銀河間媒質の正体を教えてくれる探査機を送るのは難しいのです。

銀河間媒質は星間媒質よりもとても希薄で、ここを通ってきた高速電波バーストは、こういった銀河間の環境を知るための少ない手がかりの1つとされています。

 

宇宙人からのメッセージ説も

 

このたび発見された謎の反復する高速電波バーストについてでした。

これは「地球外知的生命の乗る宇宙探査機が発した電波」ではないかという説もあるくらいです。

 

正体についてはもちろんまだ謎になっていますが、この検出が、銀河の間にあってこれまで研究できなかった細かな物質を知るための手がかりになるということで、この面からも意義がありますよね。

 

nabex

投稿者の記事一覧

経歴:フリーライター

趣味:旅行

気になる宇宙分野:宇宙全般ですが、特に太陽系外の宇宙に興味があります。

関連記事

  1. 第9惑星発見のパンくず?通称「ゴブリン」について
  2. 磁気嵐とは?どんな影響があるの?太陽風で大規模な停電が起こる?
  3. 【追悼】ホーキング博士にまつわる逸話
  4. あのアマゾンのCEOが「スペースコロニー計画」を発表!どんな構想…
  5. 天の川について!七夕の起源も紹介します
  6. ブラックホール wikipedia 史上初、ブラックホール撮影成功!どうやって撮影できたの?
  7. 彗星の中でもっとも有名な、ハレー彗星の観測歴史と周期に迫る
  8. ジョルジュ・ルメートルとはどんな人?アインシュタインも認めた天才…



おすすめ記事

  1. ソ連の「ルノホート2号」とは?遠隔操作で月を移動しながら調査! ルノホート2号 wikipedia
  2. 火星の夕焼けはなぜ青いの?火星の豆知識
  3. 地球外生命体の可能性は? 地球外生命体を探すセチ計画も解説
  4. 宇宙飛行士ガガーリンのあの名言は言ってなかった?生涯から読み解く名言
  5. 天体観測に革命を起こしたハッブル宇宙望遠鏡!
  6. プラネタリウムとはどんな仕組みなの?楽しみ方もご紹介! 宇宙 星雲 f
  7. 欧州宇宙機関ってどんなところ?ヨーロッパ版NASAの「ESA」の歴史を解説
  8. NASAの「インサイト」ってどんな探査機?火星の地震観測などのミッションを紹介 インサイト(想像図) wikipedia
  9. 宇宙服の機能や構成などを詳しく紹介 宇宙服 f
  10. 火球とは?幸運の流れ星(隕石)について徹底解説 地球 宇宙 f

おすすめ記事

アポロ計画の真実、本当に月に行った? ジュノー探査機 / wikipedia引用 木星に住めることはできる?木星の一日の長さなど雑学集 【2018年まとめ】スペースデブリの最新対策方法について 日本のJAXAが月に見つけた巨大な空洞とは? NASA wikipedia NASAってどんなところ?誕生した経緯や業績などを徹底紹介 火星の地下に氷の層が発見されました!将来宇宙飛行士の飲み水に? 海王星に地球サイズ並みの巨大な嵐が出現!
PAGE TOP