探査機

「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに着陸!着陸する直前の管制室はどうなっていた?





小惑星探査機「はやぶさ2」 wikipedia

小惑星探査機「はやぶさ2」 wikipedia

 

先日は日本のJAXAの「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」に着陸したというニュースがありました。

今回は、このはやぶさ2のリュウグウへの着陸について、海外の反応などもあわせてご紹介しましょう。

 

 

はやぶさ2の前人未到の挑戦!

リュウグウ wikipedia

リュウグウ wikipedia

 

日本の宇宙航空研究開発機構「JAXA」が2014年に打ち上げた探査機の「はやぶさ2」が、今年2月22日の朝に、地球から3億キロ以上も離れた場所にある小惑星「リュウグウ」に着陸しました。

 

これは、地球からはるかかなたという場所で、さらに「半径3メートル」という非常に小さい目標に着陸するという、非常に困難なミッションでしたが、予定よりも30分早く着陸信号が地球に送られ、運用チームのは「完璧です」と語りました。たしかに、これだけでの作業を遠隔操作ではなく自律的にしたわけですから、パーフェクトな形ですよね。

 

運用チームの人は、「誰も行ったことがないことを挑戦し、遠い未来の人類に貢献できるのが幸せで、楽しくてしょうがない」と笑みを見せて語ります。宇宙空間にある半径3m地点への探査機の着陸は、これまで世界のどこの国も成し遂げたことがなく、不可能に近いのだそうです。

 

 

リュウグウに着陸する直前の管制室は?

小惑星探査機「はやぶさ」の着陸想像図 wikipedia

小惑星探査機「はやぶさ」の着陸想像図 wikipedia

 

 

2月22日の朝6時過ぎに、リュウグウの高度500m地点で管制室から「GO」サインが出ました。これ以降は「はやぶさ2」が自律モードによって着陸点を目指しました。

 

着陸までには4つの関門があって、ここで少しでも予定が狂えば緊急離脱するよう探査機にプログラムを教え込んでいました。この後は、もちろんチームは見守るだけです。探査機から送られてくるのは速度の情報だけで、その情報からチームははやぶさ2の移動・微妙な姿勢の変化を読み取らなければいけません。

 

自分たちが設計したものに自信はあるものの、こういうことが起きたら大丈夫かという不安が最後まで尽きなかったそうです。それでも探査機は無事に4つの難関ポイントをクリアし、予定よりも早い7時29分に探査機が降下〜上昇に転じたということがデータから判明し、管制室で大きな歓声が沸き起こりました。

 

はやぶさ2の目的は?

H-IIAロケット26号機による小惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げ wikipedia

H-IIAロケット26号機による小惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げ wikipedia

 

「はやぶさ2」には、名前の通り先代の探査機があります。2003年にJAXAが打ち上げ、2005年に小惑星「イトカワ」に到達した探査機が「はやぶさ」です。

 

初代はやぶさは「イトカワ」を観測してサンプルを収集、2010年にイトカワの砂を持ち帰り、地球の重力圏外の天体表面のサンプルリターンに世界で初めて成功させた探査機です。はやぶさ2も、リュウグウのサンプルを回収するというのが最大の目的です。

 

はやぶさ2は2014年に地球から打ち上げられ、昨年2018年の6月に「リュウグウ」上空20キロに着いてからこの天体の観測をしていました。着陸はもちろん機体の安全性からいって岩がないような広く平らな場所がよいのですが、リュウグウの表面はどこも岩だらけという難解な場所でした。

 

そのため、運用チームは昨年10月だった着陸予定を延ばして、作戦を立て直しました。その結果、岩が比較的に少ない場所を目標にして、ボールを落としてこれを目指し慎重に降りることにしました。着陸は成功し、はやぶさ2は再び上空20キロという定位置に戻りました。

 

着陸時、小さい弾を表面にぶつけ、砕けて飛んだ石を収集して地球にサンプルとして持ち帰ります。

 

重さ5グラムという金属でできた弾丸を、秒速300メートルで打ち込みました。弾丸の衝突によって砕けて飛び上がった岩石の破片を、「サンプラーホーン」という採取装置で収集したのです。この石の収集が、このミッションで最大の目的です。

 

地球に持ち帰った後の分析結果で、太陽系ができた時代の物質があれば、太陽系・生命の誕生についての知見が得られるかもしれません。リュウグウの地表への着陸は今年7月までにまた1、2回行うという予定です。そして今年2019年の年末にリュウグウから出発、地球に帰ってくるのは来年の末ということです。

 

 

「はやぶさ2」の海外の反応

世界の国旗 f

 

世界で初と言う、小惑星に探査機を着陸に成功させた偉業を達成した「はやぶさ2」なので、当然世界からも反応があったようです。はやぶさ2は、「ミネルバ2」によってリュウグウ表面の画像を撮影しました。これに海外のSNSなどで「鳥肌が立った!」というコメントがみられます。

 

海外では、この画像に驚いている人が多く、

「この世のものとは思えない」

「科学と宇宙の大きな前進」

「クールすぎる!日本人がこんなことをやってるなんて知らなかった」

 

と大きな賞賛があります。

 

また、

 

「ミネルバ2の動いてるところが見てみたい。2台のロボットが仲良く飛び跳ねて最高だろうな」

 

 

「小惑星がリュウグウ、探査機がハヤブサ2か。「忍者外伝」のファンかなw」

 

といった声もありました。

 

 

歴史を切り開いた「はやぶさ2」

 

はやぶさ2のリュウグウへの着陸についてでした。この挑戦は、今後いろいろな星に調査に向かい、それらの場所にきちんと無事に降りられるという技術にもつながります。はやぶさのチームが言うように、まさに「遠い未来の人類に貢献」するようなミッションですね!

 

これから、星にあるレアな金属を求める「宇宙トレジャーハンター」の時代が来るかもしれません。

 




nabex

投稿者の記事一覧

経歴:フリーライター

趣味:旅行

気になる宇宙分野:宇宙全般ですが、特に太陽系外の宇宙に興味があります。

関連記事

  1. ジュノー探査機 / wikipedia引用 【ジュノー探査機】NASAの木星探査機の目的や大きさや形状は?
  2. 小惑星探査機「はやぶさ2」 wikipedia 【はやぶさ2の技術】小惑星のわずか3メートルの位置に到着!
  3. ルノホート2号 wikipedia ソ連の「ルノホート2号」とは?遠隔操作で月を移動しながら調査!
  4. ニューホライズンズってどんな探査機?エイリアンにメッセージが届く…
  5. カッシーニ探査機の間近に迫った注目のラストミッション!
  6. ニューホライズンズの今はどうなっているの?
  7. 地球に隕石が衝突 f はやぶさ2が行う小惑星サンプルの採取方法は?
  8. ルナ11・12号(E-6LF型)探査機 wikipedia ルナ計画とはどんな計画?ロシアが世界に先駆け行った無人月探査



おすすめ記事

  1. 火星の地下に氷の層が発見されました!将来宇宙飛行士の飲み水に?
  2. 金星のテラフォーミングは実現可能?
  3. GPSってどんなもの?GPS衛星の歴史や正式名称など雑学を紹介
  4. 宇宙における最大の謎のひとつ!ブラックホールとは?特徴や観測史について! ブラックホール wikipedia引用
  5. 夢の宇宙旅行が現実に?気になるお値段は?宇宙ホテル「オーロラ・ステーション」
  6. 欧州宇宙機関ってどんなところ?ヨーロッパ版NASAの「ESA」の歴史を解説
  7. プラネタリウムとはどんな仕組みなの?楽しみ方もご紹介! 宇宙 星雲 f
  8. 天体観測に革命を起こしたハッブル宇宙望遠鏡!
  9. 【2018年まとめ】スペースデブリの最新対策方法について
  10. 民間人による宇宙旅行の値段は? ケープカナベラル空軍基地から打ち上げられる、TESSを搭載したファルコン9ロケット wikipedia

おすすめ記事

ケープカナベラル空軍基地から打ち上げられる、TESSを搭載したファルコン9ロケット wikipedia 「TESS」とは?NASAが今年4月に打ち上げた衛星を分かりやすく解説 ペンシルロケットとは?初めての実験史や国分寺など雑学を紹介 宇宙服 f 宇宙服の機能や構成などを詳しく紹介 なぜ移住計画が火星なの?火星の歴史も含めてわかりやすく解説 地球 宇宙 f 古代の宇宙観を解説!エジプト・インド・バビロニア・中国の宇宙観 ルナ11・12号(E-6LF型)探査機 wikipedia ルナ計画とはどんな計画?ロシアが世界に先駆け行った無人月探査 太陽のブランク状態を確認、地球はミニ氷河期になる!?
PAGE TOP